忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPは http://dentalsate.info/ に引っ越しました

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

趣味について(太極拳)

2日目にしてHPが見れない状態になった・・・まあ、これは担当の従業員に相談するしかない。非力な院長である。
業者に頼むとえらい金をとられるので仕方ないのである。
それはいいとして、今回は趣味のこと。

私は大学生の頃から太極拳をやっている、かれこれもう16年になるか・・・はやいものだ。
きっかけは高校生の頃に視たNHKのテレビ
これにでていた陳小旺という方の太極拳につい見とれてしまった。緩やかながらも時折みせる爆発力のカッコいいこと、言葉では表せない。

大学生活にも慣れてきた2年生の頃、地域の習い事・・・のようなものが書いてある本を何気に見ていて太極拳の文字が目に付いた。
しかし、太極拳には流派がある。
陳小旺先生の陳式太極拳とは違っていよう事はあきらかだったが、やっていればいずれ陳式太極拳に出会えるのではないか?そしたら是非もなしにそっちに移ってやろう。
そう決めて先ずは健康太極拳から始めた。

しかし、その健康太極拳も馬鹿にしたものではない、24式という型を覚えるのに半年以上かかってしまった。
まあ、それは他にクラブ活動として管弦楽をやっており、当時はそっちのほうが熱心だったからであるが。
そして、習い始めて1年程経ったある日、地元の先生が、知り合いの陳式太極拳の先生を岩手に呼び、講習会を開くのだと言う。
こうして、待ちに待った陳式太極拳との出会いを果たせた。先生の名は及川重道、なんと陳小旺先生に師事したのだという。これには感激した。

しかし、陳式太極拳は岩手の方達にはあまり受け入れられず、健康太極拳をやる気のない私は、結構肩身が狭い思いをした。
それでも大学卒業まで続け、卒業後は自分で稼いだ金で前述の及川重道先生の日本陳式太極拳学会(
http://www.jcta.jp/jctaSite.data/index2.html)に入会、現在も合宿に行ったり、教室にたまに行ったりしている。

太極拳の練習内容は色々あるが、私は2人で行う推手がやりたくてしょうがない。これは、太極拳で必要な、相手の力を受け流し無力化する事に非常に重要な練習法である。
こんなことがあった、大学時代に1年後輩で、中国拳法をやっていた方(歳は上)と、推手をしつこく練習していた時期があった。
寮に住んでいた私は、寮内で、当時住んでいた同級生とつまらない口論になり、その同級生がつかみかかってきたのだ。
しかし、ごく自然にかるくいなしたところ、その同級生は重心が崩れ、よろよろと私の後で膝をついていた。
ケンカの最中でありながらも、「これが推手の成果か!」と、感動を覚えたものだ。

しかし、富山に来てからは近くに練習相手が居ない。来る日も来日も一人で型をやる日々が続いている。正直もの足りない。いや、だからと言って型を極めたワケでもないのだが・・・・]

だが明日。市内で、太極拳体験教室などというものがあるらしい、富山の太極拳事情を知るためにもためしに行って見ようかと思っている。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]