忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心配

ブログ仲間の家の犬が迷い子になってしまったらしい。

一刻も早く見つかることを心から願うばかりである。
http://azuki0807.blog52.fc2.com/blog-entry-339.html#comment

 

このブログは北海道の人は殆ど見ること無いのがくやしい。

ご家族のご心痛も察するに余りある・・・・

私も幼少の頃から、同じ経験をしているからだ。

私の家には私が生まれる前から犬がいた。

名前はユリ、綺麗な柴犬だった。

子供も何度か産んだ。お産のたびに今の実家に来ていたものだ。

 

ある日、隣の犬がケンカしに飛び込んできた。

ユリより少し大きめの犬、しかしユリは相手の鼻に一撃かみつき・・・

追い返してしまったのを忘れられない、母は強しだ。

当時、実家には三毛猫も居た。ある日その猫チャーコを抱いて、部屋に座った。

するといきなりチャーコの毛が逆立つ・・・何?

びっくりしていると外からユリが吠える声、目が合ってしまったらしい。

あわててその場からチャーコをどかした記憶がある、仲良くなかったみたいだ。

 

幼稚園児か小1だった頃、ユリの散歩中に友達何人かと会う。

友達と遊びたくて、ユリをそこらへんにテキトーにつないで遊んでいた。

しばらくして見てみるとユリがいない!

縄が外れて逃げてしまったのだ、泣きながら家に帰った。

一度家に帰ってから遊びに行くべきだった、悔やんでも悔やみきれなかった。

 

次の日になって、トボトボと空き家になっている隣の家の周りをうろついていると・・・

ユリが居た!

どうやら自力で家に帰ろうとしたが、隣の空き家でリードの上に重たい植木鉢が落ちてきて身動きがとれなくなったようだった。

幼少の私の力ではとても動かせない植木鉢。

絶対そこを動くなとユリに言って、走って親を呼びに行った。

その後は何があろうと、途中でサンポを放ったりしないようになったものだ。

 

高校生になった頃、またウチに犬が来る。

初めてのポメラニアン 名前はレオ とてもヤンチャなオス犬。

ある日、家族を追って家の前の畑に出ようとする、その時に通学中の小学生をみつけた。

やんちゃなレオは遊びたかったのだろうが、あわてて捕まえて家の中に連れ帰る。

しかし、玄関の戸が閉まる前に腕から飛び降りて脱走。

車にはねられてしまった・・・傷ひとつ無かった・・・これは未だに思い出したくないつらい思い出だ。

 

次の犬、ヒメはこのブログでも何度か紹介している。

おっとりとしたおしとやかな犬。

しかしながら、脱走経験は1番豊かであった。

 

大学生の頃・・・盛岡から帰ると1番喜ぶのはヒメだ。

飛びついてきて離れない。

しかし、帰ったのにヒメが出迎えない・・・・なぜ?

呼び鈴を鳴らしても反応が無い・・・・家中探したがどこにもいない。

その頃、家には4人の家族。その日はお客が出入りが多くそのドサクサで脱走してしまっていたのだ。

 

実家は今の私の家の4~5倍くらいの広さ・・・敷地に至っては小学校のグラウンドくらいある。 ド田舎ならでは

皆どこかにいるものと思ってしまって発見が遅れた、4時間ほど誰もヒメを見ていない!

 

帰省した早々、大声で怒鳴り散らして全員で捜索。

すると、数百メートル離れた田んぼの用水に落ちていた所を発見されて、田んぼ仕事していた人の一輪車のうえでずぶぬれで震えていた。

田植えの時期で助かった。

それに道の端っこをクンクンと歩き、けっしてはしゃいで走ったりしない性格だったのが幸いしたのだろう

 

ヒメは他にも4,5回の脱走経験を持つ。

ある朝、近所の家から電話。

「あんたンとこの犬でない?」

あわてて見に行くと、嬉しそうにワンワン言ってるヒメ・・・

そこのウチのバアちゃんが、庭を見ていて

「あら、めずらしい・・・タヌキがおるわ」

って発見してくれたらしい、当時ヒメも10歳過ぎてたのに脱走するほど元気だった。

 

現在、私の家は2階で1階は診療所・・・

エリはまだ脱走経験は無い・・・春になったら実家に預けるのやめようか。

 

たぁふぃ~さんの実家のムサシ君の無事を心より祈ります。

PR

Comment

犬も冒険したいんやろ~~?

ワタシは犬というものは基本的に家の外にいるものだと思っている。今まで3頭シェルティばかり飼ってきたが、家の中には特別な日しか入れなかった。ただつないでおくのは可愛そうなので10mぐらい綱を張って、その範囲で自由に動けるようにしていた。おかしいのは、綱をといても散歩用の綱をつけるまでは10mを平行移動していた。これがとっても笑えた。
だから散歩用の綱を見ると狂喜乱舞したものだった。
田舎だから散歩に出ると引き綱をといて自由に
走らせた。走る歯医者はこのときトレーニングするんである。
犬も冒険したかったんやろ?
でも北海道は寒いからね・・・・?
誰かに保護されて暖かい所にいるといいね

Re:犬も冒険したいんやろ~~?

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-02-01 15:17
昔と今では犬の飼い方が基本的に違ってきた・・・らしいです。
今は、庭付きの家が少ないですからね、特に都会は。
初代の犬ユリはやはり、家の外で飼ってました。70年代の普通の飼い方ですね。

無題

  • ポポママ
  • URL
  • 2008-02-01 15:47
  • edit
ムサシ君心配ですよね
早く見つかって欲しいです・・・

うちも実家で飼ってたシーズーが何度も脱走しました
途中で止まってこちらを見てるので追いつくかと思うとダッシュで逃げるの繰り返し(汗
車に跳ねられるのが一番心配でした

ポポも脱走が心配なので玄関に仕切りをしています
まあ、床の上を歩けないでいるので心配は無いのですが

とにかく居なくなったらと考えると怖いです

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-02-01 16:06
ポポ君が床の上を歩けないってブログで読んだ時
「ああ、これは安心だな~」って思いました。
無茶してくれないのが一番です。
しかし、絨毯のうえしか歩かないってのは
なんていうか・・・貴族?

無題

  • ラブっち
  • 2008-02-01 18:32
  • edit
ムサシちゃんの脱走にはびっくりしました。
たぁふぃ~さんのブログにお邪魔して何度もムサシちゃんを見ているだけにショックでした。
早く無事に見つかることを祈るだけです。

ところで三代続いてポメラニアンって何が思いがあるんですか?
他に飼ってみたい好きな犬種はありますか?

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-02-01 20:48
ポメ3代続けてる理由ですか・・・
ん~、実は最初はパピヨンにしないかって家族で話してたんですが。
行ってみたペットショップで愛嬌たっぷりのポメ、3カ月だったな~
そいつを見てしまい、半分衝動的に・・・
その後はポメならこのペットショップが・・・っていまのペットショップでヒメを買ったんです。
で、ポメなら経験あるし・・・性格もつかみやすかろうとエリを。
しかしながら、み~んな個性豊かで全然同じじゃないですね。
他に飼ってみたいとしたら、パピヨンかな?
あの耳が最高。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]