忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月4~5日 陳式太極拳合宿 続き

IMG_2749.JPG 1日目の夜 やはり宴会 これが楽しみで来てるようなもんだ
このホテルのバーカウンターあるところで
及川先生の昔の写真を見ながら・・・
岩手で有名な及川裸観の写真もある、及川先生のお爺さんなんだから当たり前か

 オホーツクの海に裸で入ったような人物
及川先生も付き合わされたと云う話も聞く
なんだか健康の基本が常人と違うような気がしたな・・・
 
その後、何故か寝室の大部屋で推手が始まる 
少し付き合って自分の部屋に行くも
同室の人達は暗闇の中で寝ていて、ゴソゴソ音を立てるのが良く無さげな雰囲気
ちょうど大部屋に欠員があったので一晩泊めてもらった
 

IMG_2750.JPG翌日は太極拳理論の講義から 武術など理論ではなく修練だ と云う考えもあるだろうが、これをバカにしてはいけないと思った
と云うのは、去年も講義があり、それを聞く
姿勢のについての講義だった
 
その後、その事について意識して練習
すると以前に兄弟子が仰ってた 水に棒を2本突き立ててその上に糸を張る感じ・・・
とか、タカアシガニの感じ・・・
というワケの解んないイメージが少し理解出来るようになったのである
 
と、同時にハードに練習しても膝が痛い・・・て事が無くなった
姿勢の根本が変わったのを実感した 
前日はその誤差を治されたのだと思う 
 
で、この日の講義は「双重」
これは太極拳の特別な概念で、何かがとても重くて動かすのが困難、あるいは自由が利かない と言った状態である
これは、丹田が固まっていたり、両足の自由な体重移動が出来ない このような時が「双重」の状態であると云う
 
他には、「拳架と運動規則の関係」
これは少々難し過ぎるのでカットしておこう
 
ところで、この日だったか翌日だったか忘れたが 
練習の時に龍君が先生に質問した所 先生が少し困った顔をして
「それを説明するには脚の収勁、出勁を説明しなきゃなんない」
と言ってその場での説明を省いた
 
なるほど、太極拳の動きは丹田を中心に発するワケである
手の勁については皆説明されるが段階が上がると脚の勁の意識も要るワケか
・・・流石に練習の鬼の龍君 皆より一つ上の段階の説明が必要らしい
まあ、良い事を聞きかじったと思って 脚の勁にも気をつけて練習してみます

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]