忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011太極拳合宿 4 太極拳理論

今回の合宿のメニュー ひとつは震災時に先生が狭いスペースの中でも充分に練習できる套路を作って練習していたという その套路を習う

そしてもうひとつ これは今までになかった

6fb6d21e.JPG先生の先生 陳小旺老師直伝の太極拳理論を噛み砕き日本語で教わる講義

陳氏太極拳19世の中でも別格と言われる小旺先生の このような理論を、日本語で説明出来るのは重道先生くらいだろうと言う事だった

小旺先生の直弟子の日本人ってあまり居ないだろうしな・・・

無論、言葉で伝えただけで理解して実践できるのなら皆達人になれる

その理論を踏まえたうえで練習する・・・と言う事だ

 

53a6843d.JPGいそいそとホワイトボードを用意する重道老師

本人も言ってたがこんな事やるのは初めてだと言う事

だが、聞けば太極拳の里 温県陳家溝にはこーゆーとこもあるらしい、教壇と椅子があるスペース

中国人って書き残すのが得意だからなぁ

日本は古武術の秘伝も口伝で伝えると聞くが・・・言霊の国だもんな

 

062898f1.JPGそして理論

丹田が内を導き内勁が外勁を導き外形(型)が出来るという

内勁とは丹田によって動かされる細胞の動き

それが、筋や骨を動かし外勁が生まれる それが型を作る

こんなような説明だった

 

そして、丹田と全身は相互に影響し合っており 全ての体の動きが丹田を動かし、丹田が全身の動きを導く

これを「外勁が内勁を導く」「内勁が外勁を導く」と言う事であった

医学の世界にも「内外合一」って言葉があるが 確か中国の言葉だった筈
これのことか?

 

まあ、その体の内部の動きを作り、知る為に套路(型)を練習するのだと思っている

なので、「実際にあの技を使ってみたが上手くかからなかった」

と、言ってる者が居るが そのようなものではないと思っている

 

あまつさえ、某ソーシャルネットで「だから太極拳は実践武術としては如何なものか」等と見てる方が恥ずかしくなる書き込みをしてた者も居る

大した師匠に習ってないか、よほど短絡的な思考しかできない輩か・・・EDDYとか名乗ってたおバカだったように記憶するが

いずれにしても見るに見かねてコミュニティー追いだした事があったり

だって、管理人の荒田さんがノータッチだったし

 

套路の練習は勁力を鍛える為の動きであると思っている

そりゃあ実戦応用も間違いなくあるが、それだけならあれほど多くの動きは必要ないのではないか?

達人になると型は必要がなくなる・・・なんて事を聞くが

内勁ができあがると、行住坐臥全ての動きに勁を伴うのだろうか

 

ちなみに兄弟子が陳小旺老師の手を握った所 勁が通ってて握ってるのに握りようがなかったとか・・・

羽交い締めにしたのに締めてる感覚が無く、ちょっと体を捻られた瞬間仰向けに倒されてたとか聞く

 

ここまでくるとほぼ理解不能であるけどな・・・


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]