忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バルセロナ旅行記 3日目 フラメンコ

6102a48f.JPGフラメンコの開場を探し当てて入る 入り口の階段から派手であった

入ったら日本人観光客が多かった



1434910b.JPG今日はここでディナーの後、フラメンコの鑑賞だ

ディナーと聞いてワクワクしていたらバイキング形式

この国に来てからバイキングばっかし

歩き疲れてへとへとなせいか、昼にも沢山食べたせいかは知らないが

あまりがっつく気はしなかった

美味しかったけど

 

ここでようやくパエリア食べる

日本のモノとは米が違う 米は豆と同じ分類なんじゃないか?と思わないでもなかったな

魚が多いのは日本人としては馴染みが良くて助かる

日本ではかなり貴重なイベリコ豚だが、この国では日本の漬物と同じ頻度でテーブルで見かけた

 

ヨメはサングリア、私はカヴァを飲む 何杯カヴァ飲んだものか 普段から飲みつけてるが本場で飲むのは感無量である

サングリアってのも美味い飲み物だ 買っては帰らなかった、作れそうだし

 

648ad21a.JPG食事がすむと、奥の扉が開きフラメンコ会場へ

こんなトコだった かぶりつきで観れるらしい

カヴァを1杯片手に鑑賞 音楽が奏でられ始める

 



4665d479.JPG踊り子さんが出て来る、やはり若い踊り子って見ごたえがあるが

それよりもテクニックは奥に居る髭ダルマのほうが凄かった

 


f2a513b0.JPG何人かの踊り子さんが次々出てきて派手な服とフラメンコを披露

この右に居るオバサンっぽい人もやる 声も良い たぶん女の方のトップダンサーだろうと思われる
写真には写ってないが

 


128.JPG白地に赤マルの衣装って日本人観光客多いのを意識してるのか?

判らないが・・・(後日この模様の陣羽織を着ていた戦国武将が居た事を知る 南蛮渡来の模様だった事が判明)

 

踊りも凄いが、歌も凄い

たぶんオペラのようにひとつのストーリーになってるんだろうと思われる

言葉解んなかったが

 

タップはモノ凄かった 特に男のダンサーのは見ごたえ充分

足で長時間 最後にはステージの上を滑ってる様にタップ

会場はかなり寒かった ダンサーがあれだけ動けば汗もかくだろう

飲み過ぎて鑑賞してたらトイレ行きたくなってた事だろう

 

4c9a1c4c.JPGよくみると、ステージの床はタップで踏まれて歴史ある傷を刻んでいた
ちなみに、後日知ったのだが このフラメンコ
カスタネットを使っていなかった
フラメンコってジプシーの音楽が地元の音楽と融合して出来た土地の音楽らしいが、古典的なのはカスタネットを使わないそうである
フラメンコって当たり前にカスタネット使うのかと思っていた

十二分に満喫した1日であった・・・


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]