忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カリソルブ

少し前に新聞で取り上げられていた歯科の薬品である

次亜塩素酸ナトリウムと3種類のアミノ酸で虫歯の歯質を溶かし タービン等で削らずに治療するというものである


患者さんにとってはあのタービンの「キュイ~ン」という音は、恐怖をあおる以外の何物でもないだろう それを使わずに虫歯を溶かしてしまおうというものである

初めてそれを聞いたのは、確か平成10年だったと記憶する もう12年も前だ

 

マスコミで取り上げられた、スウェーデンだかで作られて、とある開業医で使用されていたものである あの頃はキャリソルブと言われていた

医局でも皆が興味を持ち、早速入手して使ってみた

・・・が、結果

これは使えないものだという、ほぼ統一見解だったと記憶する

 

重度の虫歯だと取りきれないし、そうでない場合も、結局は歯の形態を考えると削ったほうが良い治療になりやすいとか・・・

時間もかかるようであるし

 

まさかウケの悪かったカリソルブが、12年も経ってから薬事申請されるとは思わなかったが・・・

しかしながらマスコミの報道を患者側は鵜呑みにしないで貰いたいと思う

 

全ての症例に使えるわけではないし、魔法の薬ではない

かなり症例を選ぶのが事実である

そもそも隣接面(歯と歯の間)の虫歯には使えないのだ

 

しかも、保険適応ではない

患者さんから多額の金銭を受け取って、結果 保険治療をした方が良い結果が得られたはず・・・なんて事が起こっては目も当てられない

 

やるならしっかりした良い治療を施す

それが歯科医師としての義務であろう

 

いや、カリソルブがダメだと思っているのではない

あくまでも使える人、使える虫歯がかなり限定されてしまうものだという事を

マスコミの方もきちんと報道してほしいよなぁ・・・


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]