忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

大人はうそつき

大人はうそつきであると前日書いた・・・

まあ、ウソをついているわけではないが結果として子供は不信感を憶える。

それは子供の恐怖になるのだろう。

私は歯医者である。

ここ、射水市の歯科医院 ほたる野歯科医院には子供の来院者も多い。

しかし、その9割は治療で泣いたりしたいのだ。

泣く子はもう最初から泣いている子だけである。

 

つまり、治療が始まってから泣く子はあまりいない。

開業して、子供を泣かせないように色々考えた。

歯医者になってから修行中に思ったのだが、子供が泣く時は3つのパターンがある。

 

ひとつは恐怖のあまり泣く。

例えば注射器である、アレを見ると泣くのだ。問答無用で

こんなことがあった、秋田で働いていた頃だ。

歯茎が腫れてきた子がいた、メスで切って膿を出す。

泣かなかった 大丈夫な子だな・・・そう思って本格的な治療に入ろうと麻酔の注射器を出したとたんに泣いた。メスで切っても泣かなかったくせに

若かった当時は思った、「こんなガキはネイガーに懲らしめられてまえ。」

しかし、それはそれ・・・大人の感覚で判断してはいけない

 

もうひとつは裏切られてなく

付き添いの親御さんやおバアちゃんが子供をなだめるために言う

「痛くないよ、痛くないからね」

本音を語るが、よけいなことは言わないで欲しい。

痛いモンは痛いのだ、少しでも痛くないように心がけているが「絶対」などこの世にない。チョッピリは痛いのである。

そして、痛くないと言われたのにチョッピリでも痛いと子供は泣く。

だから大人はウソつきにされるである。

(よく、いかにも商業用のきれいなホームページの院長のブログみたいのに、丁寧語に美辞麗句で、全く痛みはありませんとか、これをしておけば絶対大丈夫です、・・・といった具合に書かれているのを見る。

こんな文体で本音を書いているのが珍しいかもしれないが・・・

さあ、どっちが真実でしょうか?)

 

話しがそれたが、最後は本当に痛くて泣くのだ。

正直でよろしい・・・と思う。

 

以上の3つをふまえて、我がほたる野歯科医院では・・・

注射器は機械のものにしている(ホームページ参照)

そして、麻酔の刺入点(針を刺す部分)にはゼリー状の麻酔を塗布してから注射をする(少しでも痛くないように)

そして、私が一番大事にしているのはここだ。

「少し痛いぞ、でもガマンできるからな」

と言うのである。

そうすれば、ちょっとくらい痛くてもガマンしてくれるのだ。

 

そういえば、スタッフには子供の押さえ方ってのを教えはしたが・・・

まだ実戦で使ってないな・・・これからもそうありたい。

PR

Comment

無題

  • ポポママ
  • URL
  • 2007-12-19 14:47
  • edit
院長さんもいろいろとご苦労があるんですね

娘が小さい時行った歯医者さん
最初から泣くのパターンでしたが
看護婦さんが子供が嫌いなのか泣いてうるさいからなのか
「ちっ」って舌打ちされたのを今でも覚えています
先生は優しくて良かったんだけどねぇ

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2007-12-19 15:28
まあ、泣かれるとロクな治療になりませんからね~正直
唾で口の中がよくわからなくなるし、なにが痛くて痛くないかがわからないし・・・。
そして、混んでる時に泣かれると治療が遅くなって次の患者さんが時間通りに治療できない・・・
結果、スタッフは帰るの遅くなる・・・んで舌打ちだったのかな?
まあ、うちでそんなことするスタッフはクビですね。面倒見のいいスタッフで助かってますが。

うむ

無痛治療ってあり得ないと思う.何をもってそういってるんだか...「無痛治療やってますか?」って問い合わせがきたら「やってませんが,なるべく痛くないように心がけてます」と答えてる.

Re:うむ

  • 院長 〔管理人〕
  • 2007-12-19 19:49
う~む、専門家の先生がそのようにおっしゃるのは説得力あるねぇ。
「絶対」痛くないはありえないから「なるべく」痛くないように・・・
てのを心がけなきゃいけませんな。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]