忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おもしろいギャグ

「陛下、今父君や兄君は金国の牢獄で牛乳等を飲まされておるのですぞ」

「なに、牛乳じゃと?あぁ・・おいたわしや父上、兄上」

宋の時代の中国

高宗皇帝と家臣の会話にこんなのがあっただのなかっただの・・・

ちなみにその皇帝の父 徽宗と兄 欽宗が金国にとらわれていた時の会話らしい。

なぜ上記のような会話があったか・・・

昔、中国は牛乳を飲む習慣がなかったからだ。

犬や猫、猿やパンダまで食べる中国人・・・・

それが牛乳飲んでるくらいでわめいたのである。

 

悪食・・・とは言わない

未だに世界が太古の中国の食文化に及んでいないだけかもしれないのだ

清の時代、西太后と乾隆帝が食したといわれる満漢全席は計94品

いったい何を食べたのだろう・・・

しかし、こんなのも あの中国の歴史から見ればそれほどでもない。

 

上記の高宗皇帝が、家臣の家に招かれた時の宴会

張王府の宴として、この時のメニューが未だに完全に残っており、文化史の研究素材にまでなってるとか・・・
ちなみにウィキペディアあたりには書いてない、まあネットの知識などたかが知れたものであるが・・・

 

それによると、

なんとオードブルだけで72種類・・・

そして休憩時間をはさんで「再座」となる。

そして、68種類の軽食、果物、菓子が出て・・・

ついで酒が出される・・・(薀蓄のなかで薀蓄を語るが、紹興酒とはこの頃 つまり宋の紹興年間に誕生したらしい)

で、酒の肴が30種類・・・

その後にようやく飯が出てきておかずが数十種類・・・この時点でハラに入るのか?

その間に音楽等が催されるというなんとも想像を絶するものだ。

 

こうなると、食べてない食材は何?と聞いたほうが早い。

こんな人たちを今のフランス料理のフルコースなんかで接待したら、あまりのビンボーさで そっ首はねられそうである・・・

ちなみにこの話は西暦1151年、平安時代だ

 

そんなに呆れるほど食べてる癖に牛乳くらいで泣くのが面白い

 

そういえば、昔読んだ下らない漫画を思い出した

あるところに魔女がいました。ゴキブリとムカデのスープを作っています。

出来上がってさあ、食べようとしたら なんとハエが飛んできてスープの中に入ってしまいました。

魔女は言いました

「まあ、汚い」




なんだかそーゆー感じ

PR

Comment

無題

  • KENTARO
  • 2007-11-20 08:44
  • edit
その漫画って、エ○エ○アザラク??

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2007-11-20 09:50
いえ、昔ちょっとだけ少年サンデーで連載してたやつです
金沢出身の漫画家らしいですが・・・よく憶えてないです。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]