忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

動物虐待

動物虐待?
いや、ちょっとちがう。

彼らはただフツーに行動しただけなのだ。

各々の常識の下に。

これから話すことは 私の友人 関向君が実習中に語ってくれた・・・

実話である。

 

ウサギって飼ったことある?俺は飼ってたんだよ、小学校の頃 クラスで飼ってたのを年度末にもらってさ。

で、ある日遊んで帰ってきて夕飯食いながら ああ・・・食べ終わったらウサギのせわしなきゃな~って思ってたら 親父がさ・・・

「これ何の肉だ?」

っつったら バアちゃんが

「ああ・・裏のウサギ」っつて

俺、箸 カタッてそろえて置いて わ~ん

って泣いた。 クソババ~って感じだったけど

泣きながら ウサギって食えるんだ って思った。

親父笑ってたけどな。

 

というものであった。

トホホとゆー感じの笑い話で、実習の雰囲気は和やかになったものだった。

 

実はこの話には後日談がある。

その話を聞いて数年後、大学も6年の頃か、いや卒業後かは忘れてしまった。

彼には姉がいる。

当時、東京で暮らしていたそうだ。漫画家の柴田亜美と友達だそうだが、それはどうでもいい。

その姉が、帰省した際 飼っていたウサギを連れてきたのだそうだ。

 

彼はこう語った。

 

ねえちゃんのウサギ見てみんなハッとしたのよ。ほら、前に話したことあったろ、

「バアちゃん 変なこと言わなきゃいいがな・・・」

って思ったら、バアちゃん無神経に

「お?それ食べてもええんか?」っつて

基本的にウサギって食いモンだと思ってるらしいな.

 

おねいちゃんとおバアちゃんは大喧嘩になったそうさね。

確かに日本の古い地域にはウサギを食べる風習が残っていたりするらしい。

むかし、4つ足の肉を食べることがご法度になった時、ウサギは鳥が進化したもの・・・とこじつけて獣の肉にありついた名残だとか。

私も、秋田県横手市では よく食べたものだ。焼き鳥や、鍋に入れたりして出してくれる店があった。

食べた感想は、うま~い とゆー感じではなく、知らずに食べたらやはり

これ何の肉だ?といった感じだろう。

数年前、このおバアちゃんに会うことができた。

どんなワイルドなオババがでてくるか?

と、思ったが、面長で色白で品の良さそうな お婆様でした。

PR

Comment

なつかしいのう

っていうか実姓だしていいんか?

Re:なつかしいのう

  • 院長 〔管理人〕
  • 2007-07-10 19:47
コメント ダンケ
まあ、いいでしょう
彼の場合は。
ちなみにいずれ
いい男の話も書いて、君登場する予定だったぞ。
名前はこれでいくから。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]