忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳥のハナシ 1

あれは今年の夏あたりだったろうか・・・

雨が降っていたのでエリのサンポにいけなかった日だ

近くのイオンショッピングセンターの軒下をエリと歩いていた。

エリの足が止まる、何かに興味を引かれているようだった・・・

みてみると可愛らしい小鳥のぬいぐるみか?落ちていた それが気になるらしい。

いや・・・どうも違うぞ

本物である、小鳥が座り込んでボーっとしていた。

メジロであった。

エリは興味津々である、臆病者だが自分より小さければ大丈夫な犬だ。

ee27ee55.jpg

しかしまた何をしてるのだろうか?このメジロ・・・

しばらく見ていたが一向に飛び立つ気配がない。

結果から話せば、何か入れ物探してコイツを保護しようかな?

と考えて入れ物を探しにいったのだが、その間にどこかに行っていた。

 

その後、イオンショッピングセンターの入り口近くで働いてたことのある友達に聞いたのだが、たまに鳥が店の中に入ってきてしまうことがあるそうだ。

疲れてヘロヘロになるのを待って捕獲するそうだが・・・

 

後になって推測する限り、あのメジロはイオンのガラス窓が眼に入らずに激突してしまったのだろう。そして脳震盪か?そんな状態になって座り込んでいたものと思われる。

 

中学生の頃、授業中に鳥が教室に飛び込んできたことがあった。

騒然となったが楽しかったものだ。

実家では窓にぶつかってる鳥がたまに居る

窓ガラスに鳥の羽のあとがついていたりした。

気絶してるトラ鶫を解放したこともある、起きたとたんビックリして飛んでいったが・・・

ガラスだらけの都会ではよくあるハナシとも聞く。

鳥も大変だ

 

実家はリフォームが終わったばかりできれいになった。

その時におバアちゃんが言っていた、前回のリフォーム・・・私など生まれてもない昔なのだが、改築したばかりの窓ガラスにキジが飛び込んできて頚動脈を切ったらしい、ガラス割れてキジの血がそこら辺を染めたとか。

ここら辺はたまにキジがサンポをしているような所である。

キジのヒヨコを引率していた親キジがいた。

酒粕まいておけばキジがつかまるかもしれない。

 

実家の庭には梅の木があり、その下には池がある。

コゲラやシジュウカラなどが10数羽がその梅の木からイケにパタパタ飛び込んで水浴びをしていたのをみたこともある。

バードウォッチングが気軽に楽しめるのだ。

 

しかしながら、池の魚ねらってくるアオサギはいただけない。

魚いっぱい食べられてしまった。

 

つづく

 

PR

Comment

無題

  • KEN
  • 2007-12-07 10:44
  • edit
院長と一緒に、富山に帰省した時を思い出します。院長の実家の大きさに驚きました。神社?お寺?と思った記憶があります。

院長、俺、帰国したら高岡あたりで飲むけ~??(富山弁最近使っていない・・・。俺の富山弁、下手になっているね。)

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2007-12-07 11:33
あの、無駄に広い実家のリフォームは時間かかりました。
見た目もちょっとだけ変わりましたよ。

英語ばっかりで富山弁は忘れましたか?
帰るのいつです?
富山でも高岡でもいいちゃ、帰られたら飲まんまいけ。

ところで、オランダはいいワイン売ってるそうですね。
いえ、重くてめんどうなら別にいいですよ?
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]