忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPは http://dentalsate.info/ に引っ越しました

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アダプター ミュージックスプリント 2

人並みの歯並び・・・ 


それに少しでも近づけるためにミュージックスプリントを作る


今回は、前歯の凸凹を解消するために歯に装着する


アダプターを作る事にした


凸凹部分に装着する 
この場合、普通の歯科治療と違って「咬む」事は考えない 
歯並びのアーチをなだらかにするだけの物を目指す 
金管楽器では歯の厚みに気を付ける 
歯のアーチの最大豊隆部を超えてしまっては違和感が生じるのだ  

何種類も作ってみた 材質はラバーと樹脂 
ラバーは表面がツルツルしない事が欠点で、樹脂は長い物を作ると割れてしまう事がある 
金属で作る事も可能であるが、それには試作品として、ラバーか樹脂で一度作ってみた方が良い



作っている途中で思った 
歯並びの悪さのせいで、都合の良いV字溝が出来ているのではないか? 
この手の治療の第一人者である根本先生が、その著書で書いておられるが 
前歯に隙間があると、金管楽器は良い音が出る・・・ 
そのような説があるのだ


現に高校生だが、患者さんで凄い腕前のトランペット吹きが来院された 
彼の前歯には良い感じの隙間があった 
エースやってるのも頷けた


なので、前歯のV字溝は残した方が良いと考えた 
が、主訴が「普通の歯並び」である事や 本当にV字溝が本当に演奏に関係あるのかという疑問を解くために、ひとつはV字溝を埋めるかたちのものも作成することにする


そして、受診当日 
作成したアダプターを装着してみる


この治療の面白いのはここからである 
装着した状態で、実際に楽器を吹いて貰う 
やはり前歯に出来たV字溝を埋めた物はダメだった 
無意識に、そのV字溝を利用していたのだろうという仮説が証明された


その後、上顎の前歯を覆ったアダプターはことごとく失敗に終わる 
が、正直に言って予想通りではあった 
金管楽器は演奏時 マウスピースの中で唇が振動するわけだが 
その時、上唇と下唇の振動回数は異なるらしい 
より振動するのは上唇である 
今まで培ってきた振動を、アダプターで変化させることは困難であるという事だろう


つづく


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[03/29 ノーザンフィールド]
[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]