忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本陳式太極拳学会 合宿in九十九里 3

 陳式太極拳新架一路の講習
最初っから頭が混乱しつつも初日の昼の授業が終わる
今回はかなりじっくりとゆっくりめに・・・
遅いのが太極拳の特徴かもしれないが ただ遅いのはダメ
「早すぎて乱れず、遅すぎて散らず」 と言う

 が、今回はそれ以前の問題
最初の準備運動的な站套で脚が震えた
2カ月近く何の練習もしてなかったので中腰で立つことさえやっと
「前より脚が細くなりましたね」
と後輩に言われてしまうような始末だった・・・
まあ、それだけ大変だったと言う事だが、ちゃんと練習しないとな
 
DSCN0081.JPG夕食の時間 この後、夜の練習もあると言うのにえらく豪勢なメシが・・・
これをビールなしでやれとゆーのか 残酷である
しかも、流石に海の側だけある
魚がスゲー美味い
富山県民の私が思わず感心したくらいに
ああ、日本酒欲しい 最近は氷見の曙をよく飲む
 
夜の練習に差し支えあるといけないので夕食はかなりの量残す
こんな時はカレーライスくらいで丁度良いんだよ・・・
・・・なんて事を言ってたら次の昼がカレーだったけど
 
DSCN0082.JPG夕食の後、暗くなる前にあこがれていた九十九里浜を見に行く
九十九里も無いだろうけど太平洋の雄大さを感じさせる場所だ
でも流石に到着した時は高台が無いか探した
いざという時に何処に登れば良いか
海を近くにしては考えられずにいられない
 
余談になるが、先月祖母の葬儀の前日
子と孫数人で祖母が好きだった百人一首を弔い代わりに祖母の傍でやった
その時
契りきな かたみに袖をしぼりつつ 末の松山波こさじとは
と、いう句が 貞観の大津波の時に 末の松山を波が越えなかった
という意味から来ている事を知った
百人一首で詠まれているくらいに この国の歴史は地震や津波と無縁ではいられないと云う事だ
 
DSCN0083.JPG余談終わり
九十九里の海を観たかったのは私だけでは無かった模様
他にも何人か居た
ちょっと小高く土が積まれていたトコに登って遊ぶ
何人かはそこで太極拳やってたり・・・
 
何年か前まではず~っと千葉の厚生年金休暇センターで合宿してたものだった
悪くは無いのだが、こんな風に色んなトコに脚延ばすのも良いな~と・・・
太極拳の練習そのものは考えずに楽しんでたりする

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]