忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブラックジャックよろしく

先日、実に久しぶりの来院者がいらっしゃった。

ちょっとドキッとした。

というのもこの来院者さん、初診で来られた時にプレッシャーがあったのだ。

初診で来られた時、紹介状を持っておられた。

私宛のものではない、次に診療するドクター宛だった。

内容は、オブラートでぐるんぐるんに包むとこんな感じだ。

(8ヶ月前に神経を抜いた歯がまだ痛んでいる。私は2人目のドクターだが治らなかった、この度 県外に引っ越すらしいので次に診るドクター宜しく)

そんなバカな・・・

2人のドクターが半年以上かけて治らなかった歯を私に治せっつーんか!

                       

正直、神経の治療に関してドクターの腕は皆大差ない。

と、いうのもやり方が殆ど同じだからだ、確立されていると言って良い。

ようするにどこへ行ってもやることは同じである、今まで2人の先生が診てダメだったのを私が簡単に治せれば苦労しない。

 

プレッシャーだった、正直ダメなら抜くことを前提にしなければならないだろう。それをこの来院者さんに話す。

そして、治療に入ったわけだが・・・・

 

何かおかしい・・・

歯は上の6歳臼歯・・・確かに叩くと痛いらしい・・・が、見た感じが変だ。

実はこの歯は通常は神経が3本ある、ところが稀に4本目の神経がある人がおられるのだ。

卒業後に神経治療専門の科に入局して、そこらへんは良く診れるようになっていた。

そして、この方も4本の神経があり、そのうちの1本が手付かずになっている。

 

これか?

早速その神経の管を治療してみた。

治療器具をとりかえるために ほんの数秒間、歯から目をはなして再度見ると・・・

「おおっ!」っと思わず声を出しそうになった。膿が出てきている、

これでわかった、ここが原因だ。

この4本目の神経のせいで痛みがとれないと言うことは殆ど無い。

そのせいで、今までの先生方はここを治療していなかったのだ。

そのうちにこの神経が膿んでしまって痛みがとれなかったのだろう。

滅多にあることではない、科の同窓会の時にそれを話すと

「へぇ~ホントにそんなことあるんだ」と感心された。

 

膿を出し、徹底的に洗浄する・・・そしてこの日の治療は終了した。

次回来院された時・・・

すっかり痛みがとれているではないか!1回で。

フッフッフ・・・どんなもんだ、2人がかりで半年以上治せなかったのをあっという間に治してしまった。

 

「ウン十万円頂きましょうか・・・・」

ブラックジャックよろしく、そう言ってみたかった。

 

あ、ちなみに今回の来院はその歯が原因ではありませんでした。安心

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]