忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今抜くか後で抜くか

義歯やブリッジ、インプラント等「歯を入れる」治療はそうではないが(矯正も)
虫歯になった歯を「残す」治療というのは、突き詰めればそれだけの話かもしれない

歯が虫歯になってしまったとする、ごく小さな虫歯で歯医者の管理下にあれば削らなくていいなら「削らない」
放っておけば虫歯が拡大していくのが判る場合
その歯はもうダメである
 
その時に今抜くか、あとで抜くかと考えた場合
削って詰めれば抜くのを引き延ばせるなら・・・削って詰める
が、削ると言うのは「メスを入れる」に等しい行為
どんな状態も、「天然」の状態よりも良い事などあり得ない
 
削ったところは天然のところよりも虫歯になる確率は高いのである
いずれ、金属と歯の間に虫歯が出来てしまうであろう
それをなるべく遅くしたいなら歯医者に管理してもらうか
さらに遅くしたいなら「良いもの」例えば「金」を詰めれば虫歯になりにくい
 
さらに虫歯が進んで神経に到達した場合
もの凄く痛い 歯の痛みは耐えがたい痛みだ あまりの痛みに拳銃で虫歯を打ち抜いてしまった・・・という話がある もっと酷いことになったという(あたりまえである)
 
さて、そんな痛い歯をどうするか?
抜いてしまえば痛くはなくなる・・・が、神経だけ抜けば「歯」自体を抜くことを避けられる
「後で抜く」を選択するならなら神経を抜く
神経の管の中に詰め物をして、上に人工の歯を建てる
そうすれば、抜くのは後回しにできるのである
 
さて、その治療をした部分が膿んでしまった場合・・・
人口の歯と、神経管の中に入れた詰め物を除去して洗浄し膿を洗い出す
そうして、今一度歯を建てれば・・・
抜くのは後回しにできる
 
なぜすぐに抜かないのか?
抜いてしまえば歯並びが崩れ、なお虫歯になりやすくなったり噛み合わせがおかしくなったりして・・・
なお酷い状況を作るからである
なので、歯医者は歯をなるべく「後で抜く」事をしたがるのだ
 
「姑息」と言う言葉がある
元々の意味は「一時しのぎ」という意味だ 考えてみれば「後で抜く」のは姑息的なことかもしれない
 
一時しのぎをしてもツケというは後で回ってくる物である
どれだけ「後」ならいいか 
なるべくならその人の「寿命」の後が望ましいと思いながら治療をする
PR

Comment

超ゆっくり抜歯

神経をとれば、何をしても最後は抜歯となる。
神経はとりたくないが、痛いと言われればとらざるを得ない。
超ゆっくり抜歯になればいいが、意外に速い事もある。
それが読めない・・・・・。
患者に「どれぐらい持つでしょう?」と聞かれるのが嫌で
神経関係の治療は卒業して、大学からのお手伝いにお任せしている。
これが、無くなってから、少しは歯医者も楽しい時も
出てきた。
でも半分以上は後期高齢者が相手。
毎日ぶち切れて血圧上昇。ワタシは確実に脳血管障害で死ぬで
あろう。労災申請だな!!

Re:超ゆっくり抜歯

  • 院長 〔管理人〕
  • 2009-07-03 10:20
根管治療の何より嫌なところは・・・
難しいくせに全っ然金にならないところです
現実に歯科の業界では
金にならないので適当になる⇒すぐに悪くなる⇒抜歯がはやくなる
って感じになってるんでしょうね
私の場合♯06~10のファイルはほぼ使い捨てになってるので割に合わないことこの上ないです
でも、根治の点数高くしたらいたずらに長引かせる悪徳も出てくるでしょうし・・・ああ、やりきれねぇ
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]