忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

好きな教授

学生時代はいろんな講義があった、当然好きな先生もいれば嫌いな先生もいる。

学生ウケのいい先生、悪い先生がいる。

その中で大好きな教授がいた。

微生物学の教授であった。

昔のNHK喉自慢の金子アナウンサーによく似た顔の教授である。

この教授が、えらく説教が好きだった。

授業の初めは説教からだ、低い声でねっとり喋る感じ、マネをするなら少し口を横に開き気味にすればいい。

そんな声で説教するものだから、たまらない。

しかも、説教の内容は 痛いところを的確に突くのだ。

事実、その教授を嫌う学生も多かった。

「あいつ頭おかしッスよ!」怒り気味に言う後輩もいた。

不思議なもので人間、ウソをつかれた時に喜び、本当のことを言われると腹を立てるものだ。

 

例・・・・40代女性が髪を茶色にしたとき。

A氏 「あ、随分似合いますね。20代でも通用しますよ。」

B氏 「あ、茶髪にしたんですか、白髪染めのカモフラージュですね。近付くと目尻のしわで歳がバレバレですね、アァ~ハッハッハ(郷ひろみ風)」

嘘つきなA氏のほうが、人を怒らせないだろう。

 

そんな訳で教授を嫌う学生もいたが・・・

しかし、この教授・・・どうにも人間味があるのだ。

すれ違う時に挨拶すると、忙しそうでも応じてくれるし 試験の日、教室の前でソワソワしていると

「ん?今日は何の試験だ」とねっとり話しかけてきたり。
試験の前に、授業の前の説教でこのようにもおっしゃった
「君たちの事をたかが年に2回の試験で判断しようとは思ってないから」

 

授業中

「このように、E. coli は大便からしかとれないの んん?わかるか、ウ○コだ」

わざわざ言いますか。この時、固まっている私と教授は目があっていた。

ピクリとも動かない私が、理解していないと思ったのか、教授は念を押す。囁くように

「ウ○コ」 

はっはい解りましたとばかりに頷いておいた。

しかし教授、大便という別名くらい小学生で覚えましたが

ある日、講義の前に出席を取っていた。

「赤沼」    「はい」

「井上」    「はい」

「宇治田」   「は~い」

「金田」   「はい」

「木場」   「はい」

ピタリと止まる、そして大きなタメ息をつき言った。

「ダレダ今の は~い なんて間の抜けた返事したヤツは あぁ?」

あ~あ宇治田怒られる、怒られるぞ宇治田

「宇治田か」

ばれた・・・しかし教授の口から出てきた言葉は意外だった。

「馬鹿」

そんな、ケンカに負けた子供の捨てゼリフのような・・・

みんな笑ってた

でも、こんな教授が好きだった。

 

その日は皆で真似して遊んでました。

「宇治田か・・・・馬ぁ鹿」って






ほたる野歯科医院は 富山県 射水市の歯医者です  
詳しくはリンクよりHPへどうぞ
PR

Comment

誤字

  • のーざんふぃーるど
  • 2007-07-24 22:43
  • edit
× 抗議
○ 講義

Re:誤字

  • 院長 〔管理人〕
  • 2007-07-24 22:58
後輩ののーざんふぃーるど君、
もっと気の利いたコメントしたらどや?
気付かなかったな、
実はHPにも、誤字があった。
今度従業員に直してもらうつもり。
明日給料日だよ、経営者には辛い日だ。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]