忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

抜髄

さて、だいぶ前の話になってしまうが5月5日は休日当番をやっていた
患者さんが予想以上に来る その数20人

この日はスタッフを交代制にしていたのだが間違いだった
全員をまる1日出勤させれば良かったと悔やまれたくらい忙しくなる
だいたい初診の患者さんというのは少し時間がかかるのである
 
問診して、現在の症状や全身状態の把握やら
そして保険証を確認してコンピューターに登録
しかも休日当番をどこで知ったかなどアンケートを歯科医師会に提出しなきゃならなかったり・・・
で、いざ診察となってレントゲン撮ったりして原因をつきとめて
やっと診療・・・
 
これを20回繰り返すと結構疲れる
普通に患者さん20人診るのの3倍くらい疲れた気分だった
休日当番は応急処置がほとんどであるので楽といえば楽なハズだった
薬出すだけとか、腫れたところをちょっと切るだけとか・・・
 
しかしながらこの日多かったのは「抜髄」処置
要するに歯の神経を抜く処置である しかも大臼歯(奥歯)ばっかり・・・
神経を抜かなきゃいけない場合、これは多くの場合「虫歯をほっといた結果」やらなきゃいけなくなる治療である
そーゆー人多すぎ、えれぇ疲れたわ
 
しかも、大学でこれが専門の医局にいたせいで
どうにもこの治療で手を抜くのが嫌なのである
お蔭で時間がかかるかかる・・・指の力なくなってきた、最後のほう
 
だが、考えてみればこの抜髄処置・・・
よく人類はこんなこと考えだしたものだと感心する
神経抜いてまで歯を使いたいと言う 一種のあさましさが作り出した医学処置であろう
たとえば、「先生、腰が痛いんです」と言われて「では脊髄をとってしまいましょう」等ということはありえない
人の歯だからこそ行う野蛮な処置である
 
他の動物が歯を患った場合は躊躇なく抜く
先輩のうちの犬が何かをかじって歯が欠けたらしい
獣医に行ったら全身麻酔で歯を抜くことになった
先輩が「抜髄」しようかと申し出たが止めることになった
まあ、獣医の概念に「抜髄」がないからだろう
 
「ココ」という名の有名なゴリラが居る
このゴリラは喋るのだ、手話を使ってかなりの意思疎通が可能なゴリラらしい
そのゴリラが「歯が痛い」と訴えた
正直そこまで意思の疎通が可能なゴリラなら抜髄してあげればいいんじゃないかな~とか思うところであるが・・・
結局この時も痛い歯を抜いたとか
 
歯の神経を抜いてでも歯を残して食べ物を美味しく食べることができる人間
ありがたいと思わなくてはいけない
PR

Comment

脊髄の

運動神経と歯の感覚神経をいっしょにしちゃまずいだろ.他に感覚神経だけなところってあるかな?やっぱり歯は特殊だよな

Re:脊髄の

  • 院長 〔管理人〕
  • 2009-05-21 11:34
ホントに特殊だと思います
感覚神経なしで進化することができんかったのかな~と
抜髄するたびに思ったり・・・

無題

ご苦労さんだったねぇ・・・・。
横手でも、休日当番医の話しがず~~っと前に、市から要請があったことがあった。当時の歯科医師会長は、「日曜日まで
働かされて、もし、我々が健康を害したら、その保障をするのか?」といったら、市の方では要請を取り下げた。
だから横手はやっていません。
その分病院の救急外来に来て、その結果ワタシの患者がふえる
という悪循環がおこる。
どっちにしてもやってられん!
ワタシは臼歯部の抜随は卒業した。
5番までしかやらないことになっている。
抜髄すると、その歯の末路が解るのでしたくない!
わたしは抜随を”ゆっくり抜歯”と呼んでいる。

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2009-05-21 11:37
横手って休日当番なかったんですか
じゃあ横手で日曜診療で開業すれば食いっぱぐれないな・・・
ゆっくり抜歯とはうまい言い方ですね
歯の治療ってのは殆どが、「延命処置」ですからね
あんまり患者に言いたくないけど
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]