忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

最高の出来

先々月のことであるが・・・・

ついにできた!

過去最高のものであった。

入れ歯である

上の総入れ歯(総義歯)だ、

まあ、上の入れ歯は下に比べて作りやすい・・・

しかしながら、それにしたところで ここまでの出来の入れ歯は歯医者をやってて初めてであった。

今までの勤め先でもここまでのものはお目にかかってない。

 

まあ、色々な条件が偶然的にそろったのだろう。

この人の歯茎の骨が結構丈夫だった事。

昔からの知り合いで若い頃の顔や歯並びを知っていたので歯科技工士への注文がしやすかったこと

型取りや模型の材料の変形が偶然少なかったこと、

この変形はミクロン単位で、しかも天候や気温が大きく関与する。なかなか難しいのだ。

そして、義歯の完成時の寸法変形が偶然少なかったのだろう。

 

様々な偶然がこの奇跡的な義歯を作った。

 

正直入れ歯、特に総義歯は苦手であった。

しかし、この田舎は総義歯の来院者が多い。

好きだの嫌いだのと言っていられる状況ではなかった。

 

本もたくさん読んだ、色んなことを試したが・・・

開業した最初の年で悟る・・・金をかけるしかない・・・と。

といってもこちらの負担だ、来院者の支払いは全く代わらない。

従ってこの射水市のほたる野歯科医院では、入れ歯が入るまでは完璧に赤字であるのだ。

 

金をかけるのは型をとるときの材料である、精度いいものは高価い。

しかし普通のものとは吸い付きが変わる。

そして、今回この最高傑作を作ることが出来た。

「正月にモチ食べても大丈夫ですよ」

今まで言ったことがないセリフだったが堂々と言えた。

それくらい吸い付きがよかったのだ、どこかに引っかかってしまったかとビビッたくらいに・・

これから作る入れ歯はこれが目標になろう・・・

 

しかしちょっと困ったことがある。

あまりに出来がよかったので、これ以降の入れ歯がちょっと物足りないのだ。

「いや~先生、ありがとうございます。」

こう言って頂いて嬉しいのだが、こちらがもうちょっとやり足りない・・・

 

いずれ高確率であの時の入れ歯を作れるようになる・・・・

これが目標である。

PR

Comment

日々

研鑽ですな.
だがウチは総義歯は数えるほどしか...いずれ保険の義歯は赤字覚悟だね...

Re:日々

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-01-25 19:41
義歯って歯科医師としての評価が問われるけど、赤字覚悟の治療・・・
なんだかな~
本音で語っちゃうけど、義歯が必要な年齢の人って負担金少ないんだから
もうちょっと保険のほう考えて欲しいよ。

患者の満足する入れ歯

ほう!めでたい!師匠として嬉しい!出藍の誉れであるな~~?
しかし、あんたが満足してどうすんだよ!
患者も満足してるのね?なら、いい!
双方目出度いに越したことはない!
走る歯医者も満足する入れ歯が作れるようになったのは50過ぎてからだ・・・・・。
(恥ずかしながら・・・・・)
今ではどんな顎堤がきても、Funってぇなもんだ。果たしてピッタリ決まる!下顎でもだぞ!!
トレーは何使ってるの・
印象材は?
ワタシも今までは、金かけた。
ワタシの金ではないが・・・。
しかし、村岡秀明式トレーを改善したら
とたんに、下顎が吸着し出した。
印象材はアルジネートのみで!!
いままで、馬鹿高いキサントプレンなんか使って、ずいぶん病院に負担をかけてきた。
すまん。謝金が膨大にあるのに~~~!!
50まで、ワタシは何をやっておったのだ!
患者に対して「慚愧」に耐えない!
でも今はどんなのがきても、”へへん”だもんね?
あんたはまだ40前だろう!師匠だってとっても苦労したのだから、そんなに簡単に上手くなられては、師匠の立場はどうなるんじゃ?
下顎の義歯もぴたっと吸着して、ホントに一人前じゃよ!まぁ頑張りなはれ~~~!!

Re:患者の満足する入れ歯

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-01-26 10:58
下顎は苦労しますね、やはり。
で、トレーは個人トレー作ってシリコンです。GCのエグザデンチャー
色々迷った結果、実習書通りが一番でした。基本って大事だな~
アルジネートでピッタリはできません。
出来ればコストかからずに済むんですけどね。

職人っ

  • ティアラマミィ
  • URL
  • 2008-01-26 10:27
  • edit
やっぱり、そういう作品ってあるんですよねー。
患者としてはソレに当たりたい・・・。
総義歯ではありませんが、私のエステニアちゃんもなかなかの工程があります。まず顔写真撮影。イメージの希望を聞かれます。「爽やかな感じ」とか「愛らしい感じ」とか。(どんな違いが?)
で、歯の撮影。
写真が趣味の先生なので、ごっついデジイチで・・・。
技工士のAさんがいらして、スケッチブックに色鉛筆で何やら描いていかれます。
型をとって、数週間後、装着♪
で、また撮影。(資料用?)
誰に見せるわけでもないのでしょうが、歯医者さんへ行くときは口紅オフなので、近距離撮影にはちょっと抵抗があります。せめて装着後の写真はメイクしてから撮りたいものだわ(TT)

Re:職人っ

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-01-26 11:12
色々やってる歯医者さんですね~。
しかし裏話ですが、歯の形って周りに合わせないと滑稽になっちゃうので。
「ウチはこんなことやるんだぞ!」ってパフォーマンスがかなりだと思います。「爽やか」でも「愛らしい」でも出来上がってくるのは変わらないんですよ。
患者さんは「やって貰った~」って気になる・・・手品と同じですね、うまい事やるものだ。
我々の世界にはこんな言葉があります「名医は口」
しかしながら、お抱えの技工士さんにその場で直接指示すると、かなりいいできになるのは間違いないですね。
ウチは外注なので、元の状態を模型で残したり、写真で見せたり絵を書いたり・・・やる前に完成予想模型で患者さんと話し合ったりしてます。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]