忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

親知らずの抜歯

親知らずを抜歯する・・・
よくある話であるが、皆さんいろんなイメージを持っておられるよう。

たいていは良いイメージではない。
その後、顔が腫れたり痛かったり・・・
しまいには入院して抜歯した・・・等という話も聞いたりする。
 
何を基準に抜歯するか、それもドクターによって違うのも確かである。
例えば、口腔外科を専門にしたドクター それ以外を専門にしたドクター。
そして、勤務医のドクターか、開業医のドクターかでも基準は違ってくる。
 
親知らずの状態にもよる、例えば普通の歯と同じように生えていて虫歯も歯茎の炎症もないのであれば、抜く必要は無い。
斜めに生えていて、炎症を起こしているのなら抜いたほうが良い。
しかし、その生え方によっては抜歯が困難な場合がある。
 
こんな時は、歯医者によっては得意な人・・・主に病院の口腔外科医であろうが、抜歯を依頼することが多い。
 
たまに、「痛くもない親知らずを抜歯された」という方がおられると思う。
患者の承諾なく抜歯するのは過剰診療というやつだろうが、無理にでも承諾させれば、抜歯しても良い。
 
「お金になる」という理由から抜歯をするドクターも中にはいるかもしれないが。
案外、勤務医で抜いても抜かなくても給料は同じという病院の歯科医師が抜歯を薦めるケースも多い。
 
これは、犬の避妊手術と似た考え方なのである。
「いずれ悪さをする可能性のある歯なら、抜歯が可能で機会のあるうちに抜歯したほうが良い」というわけだ。
無論、生涯にわたりなんとも無い人も居られるかもしれないが、あくまで可能性として・・・である。
 
口腔外科出身でオペ好きな先生なら、この考え方を採用してそうな気がするな。
 
ちなみに私は、「なんとも無いなら抜かない」ことにしている。
自分自身、骨に埋まっている親知らずがある・・・だが、超甘党な私は、歯医者にあらざるような歯をしている。
まあ、患者の辛さはその分解るわけだが。
 
将来、抜歯した時に・・・「自分の親知らずを抜いた他の部分に移植する」
という治療もあるのだ、移植可能な親知らずなら。
なるべく抜かないように考えている、私は保存科にいた歯医者。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]