忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この数日でやたら目に付く

十両の関取、オバマ大統領のの異母兄弟、そしてオリンピックで金メダルを8個だか取った人物が大麻を吸っていたという もはや日本だけにとどまってない

が、この問題はいずれ浮上するような気がしていた
社会が大麻に興味を持っているのだろうか
そして現存の大麻に関する法律は、ネット社会に対応していないのだからしょうがない
 
要するに、こうなることは目に見えていたのだから、はやく大麻をみなおせ・・・と
その事については結構昔に記事にした。
もっと問題にして、大々的に取り扱うTV番組でもやるかと思ったら全くそんな事がない
 
TVで言ってた事は少々えらそうな学者っぽいのが
「若い人は、大麻は依存性や毒性が少ないと言うのを真に受けて勘違いしている」
と一言・・・
何が何処まで勘違いなのかをハッキリさせて、そのうえで法律を検討せえと思うが
なんだかおバカな報道で終わってしまっている・・・
 
しかし、待て・・・
もしかしたら真相を暴こうとしたら、もっと大麻が世の中を横行しそうなので出来ないのではないか?
大麻やってて廃人になった・・・って人が居ないのでTVで脅しようもなかったのか
TVなどジャーナリズムはギリギリ言えたことがあの程度の事だったのか?
と、そんな風に考えてしまう
 
現状の法律で止めようがないのはハッキリしてるのだから根本から大麻取締法を見直して新しい法律作っていかないと正直に恐い状況だ
自分の近くにも、もしかしたら大麻があるかもしれないのだから(七味唐辛子には入ってるんだっけ?)
 
十両の若麒麟
あれだけ大麻で角界が揺れた後で、やってしまうなど軽率極まりないとは思う
だが十両にまで上るくらいの若者(相撲取りは十両になるときが一番嬉しいのだと聞いたことがある)
社会的な制裁もかなり受けるだろう
恥知らずに言い逃れや訴えたりしないだけロシアの力士などと違い救われるが・・・
更正の余地は充分にあるだろう
 
退職金くらい貰っていいと心から思う
頭の悪いビンボー人ほど人が金を貰う事をひがむ傾向が見受けられるが、相撲で十両になるというのは想像以上の努力が必要な道だっただろう
それを登りつめるだけの人物だった事を忘れてはいけない
暫くはイバラの道だということに、社会は同情すべきではないだろうか?
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]