忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の流行語大賞

正直に言うが・・・
知りませんでした、 二つとも。

いつの間にできた言葉やら・・・
で、NHK視てたら。
「しかし、この2つ・・・NHKで紹介するのは初めてかもしれません」
だって・・・それでは知らないわけだ。
ようするに、大賞というにはあまりに流行らなかったのだろうな。
 
そもそも流行りってのが嫌いな私。
流行している言葉は無理しても使わないように心がけている。
例えば、このブログ・・・
いずれ何年も経ってまた読み返してみる・・・
その時に、昔流行った言葉を乱発している自分がいたとしたらどうだろう?
赤面ものではなかろうか?
 
少し前に「何年か前の写真を見て恥ずかしくなる」
という事があると聞いた。
セーターを肩からかけてたり、腰に巻いていたり・・・そういえば昔やってたなぁ。
で、私はただの一度もそんなマネはしなかった。
なので、そのような恥ずかしい写真はない。
 
だいたい、TVとかで昔の写真を見ても思う。
みんな同じような髪型で、同じような格好だ。
その事自体が恥ずかしく思える。「自分」てものが無いような感じで。
 
あまりに無頓着なのもアレだが、今後も流行などは気に止めずに生きていくんだろうなあ・・・
 
で、やはりお笑いのも知らなかった。
そもそも興味が無いし・・・
それどころか激しく思う事がある
「何がおかしいのかねぇ、全然ギャグになってねぇのによ」
と・・・
 
最近のお笑いってナンですか?
「無理して笑ってやらなければいけない」モノなんですか?
 
笑いとは緊張と緩和で、思わず込み上げるものではなかろうか?
これは、桂枝雀と柳家小三治の考え方を混ぜた物であるが。
 
で、最近の流行語大賞を振り返るに
名前忘れたがギター侍はまだギャクだと思うが、その後の「フォ~」やら「オッパッピィ」なんてギャクでもなんでもないじゃないか・・・
事実、少しも面白いと思わなかった。
もう顔も見ないな、全員。
 
 
ある漫画で、赤ん坊にイナイイナイバァをしてあやすシーンがある。
喜ぶ赤ちゃん
傍でそれを見ていた男が言う
「何がおかしいのかねぇ、全然ギャグになってねぇのによ」
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]