忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪食なワケではないと思っている

アオサギが食えるんなら食ってみたい・・・

2日前にそんな風に書いた あくまで美味しいならである

他人に言うとあまりいい表情にはならない 不思議な事だが

 

中国人は4つ足で食べないのはテーブルだけとかいう皮肉がある

確かに日本ではなじみ無いが、犬や猫まで食べる人達だ

だが、それをどのように思うかは人によって異なるだろう

「気持ち悪い」と思うか?

「食べてみたい」と思うか?

 

私は後者である

実際に食べもせずに云々言うほど愚かな事も無いと思う

それに、日本人だってホヤやナマコを食べるではないか

海のモノに対しては、日本人の方がよほど悪食なのに、自分たちに馴染みが無いからと言って白眼視する

 

それは、人として最悪な事であると思う

戦争中に、アメリカ軍の兵士にごぼうを食べさせた日本人が、後に「木の根を食べさせた」と殺された?話を聞いた事がある

食べさせた方は親切心 しかし、自分たちに馴染みが無いものを白眼視する輩はこれと同じ恥ずべき糞であろう

 

珍しいものを見るとまず食べてみる、異文化を理解する為にも重要な事だと思う

いや、異文化どころか 古き日本の風習を忘れない為にも必要ではなかろうか?

特に家畜を食べる習慣が根付きまくって、野生の動物を食べる文化がすたれて来てはいないか? 日本人は自然と生きる民族だという事を忘れてはいけない

 

そんなわけで色々と人の食べないものを食べているかもしれない

馬、羊などは珍しい部類に入らないし、これを敬遠するのが良く解らない

いや、北海道などで自分で飼ってれば食べられない気持ちは判る

 

しかし他にも、鹿、猪、兎、熊、雉、鳩、鶉、 他には何だろう?ワニも食べたか、東北に居た頃にホロホロ鳥も食べた

まだまだそんな程度だ

 

狸や、他に興味があるのが蛇である

沖縄に行けばウミヘビを食べられるのだろうか?全身使って歩く生き物だしさぞ美味かろうと勝手に想像しているが・・・

 

ところでヨメが最近述懐

結婚前に私の冷蔵庫で、ウサギのテリーヌと雉のテリーヌが入っていたのを発見、やまやで買った酒のつまみだったのだが・・・

こんなヤツに何を食わせれば満足するのだろうか?と軽いめまいを覚えたと言う

 

そんなわりに昼飯にシシャモ2尾とタクアン2切れで満足しててわけわかんないとか言っていた・・・


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]