忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPは http://dentalsate.info/ に引っ越しました

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

象の居た動物園

私の古い記憶であるが、ゾウが大きかった。
今見るゾウは小さい。イヤ大きいのだが、私のイメージに比べると小さいのだ。

この記憶・・・そもそもさかのぼれば3歳になった私が、両親と東京に居た伯父らと一緒に上野動物園に行った記憶であるようだ。
 
上野動物園と言えばパンダである。
昭和50年代になった頃と思われるが、その頃いたパンダって誰?
カンカンとランランだっけ?
親の気持ちからすれば、メインはパンダだったのかもしれない。
私が喜ぶだろうとパンダを見せに行ったと聞いた事がある。
 
が、パンダは寝てばっかりいたとか何とか・・・
それに、パンダは珍獣であるとかいうリクツで見せたかったのかもしれないが。
3歳児に珍獣とか言っててもしょうがない。
私が当時好きだったのはゾウだったのだろう。
 
他には、私がトラの檻に書かれている
トラのオシッコに気をつけて下さいとかいう看板を見て偉くウケていたとか聞いた事がある。
なんでもトラのオシッコは霧のように散布されるので注意が必要とか何とか。
 
で、当時3歳だった私がなぜウケたかというと・・・実は2歳7ヶ月で字が読めるようになった天才児であるらしい。
親は未だにぬか喜びさせられたとか言いやがる・・・
いいかげん諦めろという話だ。
弟と妹見てても読めるようになったのは4歳じゃねぇか。
 
初孫だったゆえ、爺ちゃんが喜んで買ってくれたヒラガナやカタカナの絵本を毎晩読んでもらってたと裏がとれた。
かってに教えて、かってに喜んで、かってに裏切られたというだけの話だ。
記憶もないのにこっちとしては良い迷惑である。
 
そう、殆どの事は記憶に無い。
その私がその動物園で唯一・・・未だに記憶に残っているのがゾウなのである。
ゾウが好きだったのだろう。
3歳児の私が見るゾウだ。
大きかった。30年後に大きな借金して建てたこの医院よりも大きかった。
そんな記憶である。
今、ゾウを見てもそこまで大きく感じないのはそんな訳だ。
 
その時にバナナだったかな?
ゾウにあげようとして、誰かに抱っこされて手に持ったバナナを差し出していた。
だが、恐かったのも事実だ。
3歳児の私にはあまりにもゾウは大きかった。
恐くて手を延ばしきれなかったのだ・・・
 
ゾウは隣の知らないオジサンのビスケットを鼻で掴んでとっていった。
私のバナナは手に残ったままだった。
・・・30数年たった今も尚、少し残念な記憶として残っているのである。
PR

Comment

無題

動物園、水族館どちらも好きです。学会で知らぬ土地へ行け
 ば、時間があればどちらかへ必ず寄ってきます。
 最近は品川水族館の”マンタ”が好きです。
 背中にハートのマークの模様のマンタがいます。
 恋人同士で見に行って、2人でマンタのハートを見られれば
 そのカップルは結ばれるそうです。
 泳ぎ方によって見えたり見えなかったりなのです。
 ワタシは見ました。(嬉!)
 象と言えば戦時中、餌が無くて、あげられなかったとき
 衰弱した身体で必死に足を上げ、餌をねだる象の話は
 今でも涙が出ます。

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-11-17 11:45
このときの思い出のせいか、動物園でゾウを見ると大抵エサをあげてます。
思い出のリベンジなのかもしれません。
象の居ない動物園の話は戦争の悲惨な産物として語り継がれていくんでしょうね。

無題

  • たぁふぃ~
  • 2008-11-17 13:40
  • edit
象の種類にもよるんでしょうか。
そういえば、3年前に甥っ子を動物園に連れて行ったときも
思ったよりも象が小さく見えました。
逆に、キリンが思っていた以上に大きくて
びっくりしました。

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-11-17 15:18
見たのはインドかアフリカ、どっちの象だったのかは知らないです。
でも、どれを見ても幼少の思い出には勝てないんです。
3歳児の目線ですからね。
してみるとポメラニアンなんて、何もかも巨大に見えてるんでしょうね。

無題

  • ラブっち
  • 2008-11-17 20:22
  • edit
うちの息子も象さんが好きでした。『大きくなったら象さんになる!』って言ってました。

バイクに乗るようにり、私が幼いころ過ごした街に行ってきました。
道端の狭いのにびっくり!幼いころは広く感じたのになぁ~。
目線が違うんですよね。

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-11-18 09:26
子供には大きくてやさしい象は人気なのかもしれませんね。
私も、小学校の頃に住んでたトコに、大人になってから行ってみましたが
やはり何もかも小さくなってました。目線の違いを感じます。
けど、木は生長して記憶の2~3倍の大きさになってましたが・・・
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]