忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イヤなニュース

結構前の話になるが
米国のある大学の研究チームが、夢も希望もないことを発表をした。

神経学の専門誌で発表したらしいが、その内容というのは
アルコールを飲めば飲むほど脳が萎縮するというものだ。
研究チームでは適量のアルコールにより、加齢によって進む脳容積の減少を食い止める事が可能か検証しようとしたが、結果は不可能だったという。
 
なんと、夢も希望も無い発表ではないか。
しかし、アルコールというのは何故こんなにも愛されているのだろう。
親睦を深めるのに必要不可欠であり、飲めない者は兎も角として、「飲まない」ヤツは人から信頼されない。
酒の上での喧嘩もあるが、仲直りにはまた酒を酌み交す。
「酒の無い、国に行きたき二日酔い また三日目に帰りたくなる」
という川柳があったり。
 
洋の東西を問わず、食事には不可欠である。
小説を読んでいても、どこの国の偉い人でも飲んでいる描写がある。
まあ、小説家には酒飲みが多いので自然にそうなるのかもしれないが・・・
 
しかし、別に偉くない下々の者が酒を飲んでいる描写もある。
まあ、小節ってのは昔の話が多い。
今より暖房器具が発達していない時代。
それに寒い地域などは体を温めるために必要だったのだろう。
 
ゴルフが18ラウンドで勝敗を決めることになった経緯のひとつの説に
1ラウンドにつきウィスキーをワンショット
18ホール終わる頃にちょうどボトルが空になるからとか・・・
 
寒い寒いスコットランドの羊飼い達が暇つぶしにやった遊び
スコッチウィスキーをぶら下げ、体を温めながらやっていたのだろうか?
しかし、ウィスキー1本なんて空く前にどうにかなってしまいそうな気がするが・・・
 
 
しかし今の時代
「酒は百薬の長」と言われているのは結局のところ間違いなのだろうか?
「酒は万病の元」とも言うし。
しかし、長生きした人で酒が好きだった人は多かったのではないか?
泉重千代さんとか、蟹江きんさんとか・・・
 
酒を我慢する精神的ストレスよりも、酒を飲んで精神を開放する事の方がむしろ健康にいいのではないか?
等と・・・いろんな理屈を無理矢理つけてまた飲んでしまうんだろうな。
PR

Comment

結構前の話になるのだが

  • 水餃子
  • 2008-12-13 23:36
  • edit
以前、先輩にKさんというビール好きがいた。
一緒に晩飯のラーメンを食いながら、その日もその日で共にビールを飲んでいたのだが、Kさんがあまりにうまそうに飲むもんだから、思わず
「Kさんはほんとにビールが好きですね」
と言ったところKさんの口から、なかなかの名言が飛び出した。
「ビールは程ほどに飲む分には、体にいいんだ」
そしてカレはこうも付け足した。
「毎日ほどほどに飲む人ほうが、全く飲まない人より健康になれるんだと思うぞ」
酒飲みの勝手な言い分だと苦笑もしたが、あながち外れてもいない気がした。いや、少なくても私は支持したいと思った。

どんな健康的な食材も、過ぎれば毒、毒も適量なら薬。
一日30品目食おうとか言われるが、酒を31品目ととらえ、ほどほどに付き合うのはどうだろうか。
だから、今日の私は程ほどに酒を飲む。

いや、院長。ほどほどだよ。あくまでほどほど。

Re:結構前の話になるのだが

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-12-14 18:02
ほどほどを守れる人は酒の達人かもしれないね。
もうチョット・・・
あと一口・・・が重なってしまう私。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]