忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

運命 別れと再会

この日は妙に特別な日だったかもしれない。
そのような予兆は私には全く無かったのだが。

86.jpg朝、隣の老犬が亡くなった事を聞かされる。
御歳19歳 天寿を全うしたのだろう。
この老犬、エリが初めて心を許した犬である。
 
臆病なエリ いきなり見せられた大きな犬にビックリする。
彼のほうは、小さな赤ん坊の犬に興味津々、エリの入っていたキャリーに顔を突っ込んでいた。
その後、私の車が帰ってくるたびに老犬は喜んだとか・・・2年前の事である。
 
1~2ヶ月程して、ようやくエリが慣れる。
はしゃぐエリを見て今度は嫌な顔をする 子供がはしゃぐのにはついていけなかったのだろう。
 
その後はエリを見るとそっぽを向いたり、家に入りたいポーズをするなどしていた。
エリは一向に気にせずにつき纏っていたが・・・
 
飼い主家族がどう思うかは解らない、
しかし、私の見る限りは大往生を遂げたと言っていいのではないかと思う。
そう思っていても涙が出たが・・・
エリに見せたがよく解らなかったらしい。 
エリの初めてのお友達 長生きしてくれた犬とのお別れだった。
 
 
その日 なんとなくホームセンターのペットショップへ行く。
行きたくなったのは、隣の犬の事と関係があったのか偶然かは判らない。
この時、カメラはおろか携帯電話も持っていかなかったことが悔やまれた。
 
DSCF0059.JPG以前に書いた気になったポメ。
富山在住のご夫婦が飼ったと聞いていたあの子に偶然か?あるいは運命か?
再会する事ができた。
 
約1ヶ月ぶりにみたあの子・・・
少し成長しているのが解る。
マズルが少し長くなり、手足が伸び 毛が変わっていた。
名前は「ゆい」ちゃんとなったとか・・・
 
だが、ひとめでピンと来た。相変わらず可愛い子だった。
少しおびえていたように見えた。
考えてみたら、エリも初めてペットショップに里帰りさせた時は震えてたっけ・・・
ペットショップの生活よりも少しでも飼われた飼い主の側がいいのかな?
車に酔ったらしく、胸毛・・・私は「まえかけ」と呼んでいる部分の毛が汚れていたが。
エリはその子を見て少し吠えた。その子もつられてワンと鳴いた。
 
で、そのご夫婦・・・遊び相手が必要だろうともう一匹ポメを飼ったらしい。
名刺渡したが、メールしそうだとは思わなかったし、カフェにも来なさそうな感じのご夫婦だった。
でも、いずれ・・・その子が大きくなったらまた会ってみたいものである。
果たして想像どおりの可愛い子になるのだろうか?
PR

Comment

無題

  • たぁふぃ~
  • URL
  • 2008-12-01 15:26
  • edit
19歳とは大往生でしたね。
かわいがられていたから、
そこまで長生きできたんでしょう。
何歳でもお別れはつらいですよね。

それにしても、偶然といえどもすごいですね。
あのポメに出会えるなんて。
院長さんとも運命で繋がっているのかも。
それにしても、良さそうな方に飼われているようで
なんだか安心しました。

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-12-01 16:20
賢く優しい老犬でした。
正直に言えば最初に見たとき、ここまで長生きするとは思わなかったです。

ゆいちゃんに偶然会ったのは驚きました。
で、実は土曜日にまた会えたんですよ。
写真もバッチリ、いずれ記事にします。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]