忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲネ本OB撲滅運動 文字どおり撲り滅してぇ

演奏会当日の午前中 ゲネラルプローベがあるので続々と人が集まる
トロンボーンの先輩がやってきた、個人的にもかなり親交のある人だ

この先輩、最近子供が生まれたのと仕事が忙しいのであまり練習ができなかったとか、ゲネ本で出場することになりそうで後ろめたいと以前に電話で聞いていた
私はゲネ本OBを排除したいと考えているのだが、こーゆー親しい人にそれをやられるとちょっと痛い
 
が、この先輩の事もよく知っている
今回の曲 チャイコフスキーの交響曲第5番はこの先輩にとって特別な曲であり、その後のオーケストラとの付き合い方、考え方に多大な影響を与えた曲である
 
が、この先輩 ついて話した最初の一言が
「今回は出ないことにする」
楽器は持ってきていて礼服も車の中に用意してある
だが迷いに迷って、ドタキャンすることを決意したらしい
新入部員の1年生が吹けない子ならこの決断はなかった筈であるし、本人もドタキャンも失礼だと迷いに迷ったらしいが
 
だが、練習をせずにゲネラルプローベと本番のみで出場する
これは現役部員に対しての愚弄と侮辱にすぎないと私は考える
現役部員は定期演奏会のために多くの練習時間を使う
プロのように数回の合奏では出来るはずがないのだ
 
そのなかで、あーでもないこーでもないと自分たちの演奏を作りだしていく
そして、その時代、面子にふさわしい「風格」も存在する
以前やった同じ曲を演奏しても違った演奏になるのがごく当たり前である
が、ゲネ本OBは以前のやり方を平気で持ち込んでしまう
いや、下手すりゃ楽譜まで前回使った書き込みがそのまま残っている そんなOBは死んでしまえ
 
学生時代から気になっていたのだが、OBになり観客になった今
更に気になっている
ゲネ本OB邪魔 恥を知れ
 
日頃から思っている
定期演奏会は言うまでもなく現役生の演奏会である
その人数的に足りない部分をOBやエキストラの力で補う
そして、誰が出場するか決めるのもまた現役生が決めることである
 
私は
OBは呼ばれるまで練習場に行くべきではない
とすら考えている
 
誰が出るかは現役が決めればいい
頻繁に練習場に行けば本番に呼ばざるを得ない
いわば押しつけがましいのである このことに関しては師匠の先輩ともモメたこともあり、呼ばれたいなら行くべきだと言う人も居られるだろう
 
だが、近年の有名な裁判で
言ったのではなく言わせた
これが最高に卑怯な行為であると判決が出ているではないか
法律は道徳の下に位置し、道徳は時代の常識の下に位置する
この裁判で私の考え方は正しいと証明されたと思うのだが如何だろう・・・
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]