忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

院長、実に4年ぶりに岩手医科大学管弦楽団定期演奏会に出場することとなる

話をまとめてたら7部作になってしまいました。
金曜日はエリのことをなんとか書こうと思いますけど、暫くはこの話です。
興味のない方はスミマセン。

4月だったか5月だったか、既によく憶えていないが
大学のクラブの先輩から電話がかかる・・・
曰く、今年の演奏会にコントラファゴットで出場は可能か?ということだ。
 
ふたつ返事でOK・・・といきたいところだが問題があった。
その昔、医科学生オーケストラ連盟では
「コントラの男」などと呼ばれていたが・・・
楽器は持っておらず借り物ばかりだった。
 
卒業してからは楽器を握る機会も減り、コントラファゴット欲しいな~と思いながらも、車より高いその楽器は夢の世界のものになっていた。
中古で2~300万なんてどういう楽器か。
 
まずは楽器を借りるところからスタート
医科学生オーケストラの仲間に声をかける・・・
だが、なんということか
同じ時期にその「全日本医科学生オーケストラ」の本番があり
もしかしたら、それにコントラファゴットのある曲が選ばれていた場合、楽器のみならず、本人が出場を依頼されるかもしれないとのことだった・・・
 
この人たちだって卒後10年以上経ってる人達なのになんてことか。
6月中旬までわからないとのことだったが、結局は本人さえ出場に決まる。
楽器は借りられない、仕方がないのでお金がかかるらしいがOBの先輩が借りてきてくれた。
この先輩自身は出場もしないのに、わざわざ車でとりにいってくれるやらなにやら・・・なにからなにまでお世話になってしまう。
 
考えてみたら、常識で考えれば8月なんて定期演奏会シーズンではない。
それに、そんな時期にやるってことは最初っから「医科学生オケ」に出場する意思は皆無ってことか・・・
せっかく学生時代に音楽やってるなら、色んなところで見聞広めたほうが勉強になるのに・・・同志やプロの演奏家や指揮者・・・たぶん一生の宝だぞ。
 
しかし、そんな状況を経て 岩手医科大学定期演奏会に現役パートリーダーより、正式に出場を依頼される。
最後に出たのは開業前・・・実に4年ぶりの出場となった。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]