忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エリの歴史番外 ヒメの続き

hime7.JPG

私が富山の実家に戻ったのはヒメが12歳になってから、かなり老け込んでいた。

寝てばかりいたヒメ


ところが、私が帰ってくるとヒメもかなり嬉しいようだった、仕事から帰るとその都度 東北から帰ってきたかのように喜んで出迎えてくれる。

私も可愛がる、歯が抜けているので私が噛んで柔らかくした肉などをたくさん食べさせて、休みの日は必ずサンポに連れて行った。


するとどうだろう、もう長くはないのかな・・・と淋しい思いをしていたのだが、

みるみる若返ったのだ、よちよち歩きは走るようになった。

やはり、食事と運動は健康の基本である。

ある日、帰ってみると 楽しみにしていた とらやの羊羹がない。

私の分あと2切れあったのに。

聞いてみると、お客さんが来た時にヒメが食べたと言われた。

「な~んだしょうがないな~」

相手がヒメなら笑って許せたものだ。


hime5.JPG

若い頃のヒメ 顔が違う
ちなみに1歳か2歳?
ポーズが決まっている


さて、我が家の近くに結構美味いフランス料理の店がある。

私が帰ってきてから 私のおごりで、時々食べに行った。

ヒメに「お留守番」と言うとシッポがス~ッと下がる、とても可愛そうだ。

ある日妹がそれを見かねて連れて行った。

ヒメは行儀がいい。店の雰囲気を察知したのか、一言も声を漏らすことはなかった。

それ以来、ほぼ必ず連れて行っていた。

富山は魚が美味い。ヒメは特にタイのムニエルがお好みだったようだ、贅沢な。


hime6.JPG

これは6~7歳くらい?まだまだ元気な頃だ



そんな風に甘やかしていたし、病気もしなかった。

可愛がるだけ可愛がったので、大きな後悔はほとんどない。

いなくなった時はそれは淋しかったものだが、今では笑って思い出を話せる。

hime4.JPG

13~14歳のヒメ
おバアちゃんのこたつから顔だけ出して寝るのが好きだった。



しかし、あまりにも犬としては育てなかったような気がする。

犬の友達もいなかった。

そこで、エリはヒメの時に出来なかった事を経験させてやろうとしている。

幸いエリは車酔いもない、フレンチは無理だがドッグカフェには行ける。

サンポも毎日のようにさせてやれるし、犬の友達もいる。

そして、今はインターネットで他の犬たちの様子も知ることが出来る。

いろんな情報を仕入れて、エリを育てていこうと思う。

後悔はしないように。

 

PR

Comment

無題

  • ポポママ
  • URL
  • 2007-08-07 16:17
  • edit
エリちゃんも可愛いですけど
先代のヒメちゃんも可愛いですねぇ
ポメを飼ったらまた次もポメを飼うって言われた事があります
今なら分かるような気がします

ポポが来る前はポメを欲しいと思う事がありませんでした

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2007-08-07 19:56
ポメは朗らかで、表情もあって いい犬種ですね。
虜になる人はやはり多いんでしょうね。
他所の人はうるさい犬ってイメージあるみたいですが
飼ってみると全くそうは思いませんしね。

ポメは一度経験があるから性格つかみ易いかも・・・・と、思ってましたが
こんなに性格違うとは、それもまた面白いものですけどね。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]