忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

復活を強く希望する

土曜日、記事を読んだらワンズに集合なんて書いたが、みる人はあまりいないだろうな~と思っていた。
だが、誰かが読めば口コミで広がるものだ・・・

DSCF0302.JPG行ってみたらけっこう人がいるではないか。
犬もたくさんいる。
普段見かけない数なのでエリも、遊んでいいのかな~と躊躇してる。
私の後からも続々入ってきたので何人になったものか・・・
 
犬は12匹くらいが最高だったように思う。
高岡の人が多かったのでやはりダックスが8~9割
 
ad6ed988.JPGテーブルがほとんど埋まるような人数
エリは人の多さにヘンな顔になってる。
 



DSCF0305.JPG隣に座ったご家族のうちの若いプードルちゃん
エリは気になって尻を嗅ごうと必死。
 


DSCF0311.JPG犬のご飯をちょっと残して帰られた方が居られたので、そのあまりを店の中央に持って行ってみるとやはり争奪戦が・・・
DSCF0312.JPGワラワラとよってくる犬たち
だが喧嘩はしない、お利口なものだ。
 


エリには犬用ケーキ注文したが、齧って半分落としたのを誰かに食べられてた。
まあ、他の人にパンとか貰ってたので別にいい。
 
そもそも、従業員が足りなくて店をいったん閉じる事になったのに
凄い人数が来てしまい、店の女の子達はえらくタイヘンそうだった。
顔を真っ赤にして働いておられました。
 
1時に仕事が終わって、その後行って・・・
ランチタイムは2時で終了
2時半からデザートタイムなので時間来るの待ってケーキセットも食べる。
 
犬達は楽しそうに遊んでるしエリも恐がってなかったのでOK
やはりこんないいトコのドッグカフェは継続してもらいたいものである。
店内も広いし、メニュー多いし、小さなランあるし、禁煙だし。
 
この上なくいい店だったと思いますよ?
復活を望む人が多かった事はなんとか伝わって欲しい物である。
PR

Comment

無題

  • ポポママ
  • URL
  • 2008-12-26 16:54
  • edit
従業員が足りなくてだったんですか・・・
だったら人手が確保できたら復活して欲しいですよね
募集かけたらアルバイトとか来そうなものだけど

やっぱり普通のカフェより大変なのかな
そしてワンコ好きじゃないと働けないですね

最後は大盛況で賑わって良かったですね

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-12-26 17:00
従業員の都合だけなのか?はしっかりとは判りませんでしたが。
シェフが居ないのは大きいと思いますね。
従業員さんは皆犬好きでニコニコ応対してくれてました。
エリも彼女らを「美味しい物を持ってきてくれる人」と認識してたようです。
本当に復活して欲しいです。

無題

  • たぁふぃ~
  • URL
  • 2008-12-28 14:44
  • edit
犬も飼い主も、両方楽しめるカフェって
あまりないですよね~。
最後にこんなに集まるなんて、愛されていたお店なんですね。

エリちゃんの戸惑いようがおもしろいです。

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-12-28 17:37
両方楽しめないとドッグカフェの意味がないんでしょうね、それだけに難しいかも。
ここは良かったんですよ、本当に復活して欲しいです。
私が行く時間は昼食からちょっとずれた時間帯だったのでエリはいつも一人で店内を我が物顔でした。
こんなにいて戸惑ったらしいです。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]