忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

教科書

やはり、いらっしゃるのである・・・

予約の日に来ないで、

こじらせてこじらせて、散々こじらせてから来院する患者さんは・・・

まあ、歯科医院をやってる限りは当たり前の事、そんな程度は想定内として治療に望むのだが・・・

だが、炎症の強い歯ほど麻酔が効きにくい。

だから、治療を計画して来院を薦めてるのに・・・

私も麻酔が効きにくい体質だから、よく判るのだ・・・あの辛いこと。

酒ばっかし飲んでるからだろうか?

治療の途中で麻酔から覚めてくるし・・・

 

歯の痛みってのはガマン出来ない、

痛みに耐えかねた男が歯を拳銃で撃ちぬいたなんて笑えない笑い話も存在する。

 

だからこそ、酷くならないうちに治療をすることを薦めるのである、

われわれ歯科医師は。

定期的にクリーニングに来られる方が一番ありがたい。

たとえ虫歯ができていても、麻酔せずに治せることが多いし・・・

 

しかしながら、もうどっしょもない状態の人・・・

麻酔が効かない効かない、自分もこうなんだな~と恐くなる。

「痛いっ!」

って泣きそうな顔になる。

 

新米の頃はコレに弱かった、思わずビビッて手が震える。

治療は遅くなり、患者さんはもっと痛い。

 

流石に最近は私も強くなった、

歯科医師としての経験を積んで、こんな時には集中し、あることを思い出して思い切って治療に臨む。

一瞬痛いがその後には天国があるのだ。

 

思い出すあること・・・

学生時代の教科書に書かれていた文だ。麻酔科の教科書だったか?

「我慢できる痛みは他人の痛みだけである。」

ブラックユーモアにしか聞こえないこの言葉・・・

実はもっと深い意味があることが、歯医者やって年数が経つ毎に解るようになるのだ。

言葉ではなく心で理解できるようになる。

頭じゃなく肚で理解してくるのだ。

 

教科書ってのは流石だわ

しかし、こんな風に本音を書いてる歯医者のブログって少ないだろうな~

PR

Comment

ひとこと

立場上,コメントせねば...
浸麻が効きにくいのは骨小孔がすくないからじゃないか?もしくは骨膜が分厚いか...要はしみこませるんだから.炎症組織はまた別な理由だけどね.
局麻の話はアカデミックじゃないから好きじゃない.好き嫌いじゃないけどさ.

Re:ひとこと

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-06-24 11:58
そいえば麻酔の博士でしたな、先生は。
私も骨小孔すくないんだと思います。
生PZするのにスゴイ苦労した。
なんでスグに醒めるんかな?私の麻酔。
20分くらいで効かなくなるんで痛くてたまらんかったわ。

おそらく

小孔が少ないから到達する薬液自体も少ないのでは?もう,伝麻してください.

Re:おそらく

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-06-25 10:22
実は学生時代から伝麻が効いた試しありません。
特異体質?
てことは無いだろうけど・・・
一度先生にやってもらって、実験してみたいわ

話は変わるが、いま東京で、井上タケヒコのなんだかやってるよね・・・
行きたいけども行けるかどうか。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]