忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

歯科治療での金属アレルギー

歯科において金属アレルギーは、注意しなければならない
最も厄介なものの一つであろう 

もっとも、一部おバカなマスコミがおバカな民衆を煽ってくれるのだけは避けて頂きたいものである、というのは、歯科医師の大半が思っているだろうが
 
以前、TVのナントカリサーチとか言う番組で、歯の治療で使われたアマルガムが金属アレルギーを引き起こす原因となる
等という事をまことしやかに言うものだから煽られる者の多かったこと
その番組で言ってたこと
 
「水銀アマルガム」
 
そんなもんねぇ!
もともと「水銀合金」の事をアマルガム
広義では「混合物」をアマルガムというのか、わざわざ「水銀」って言葉をつけて恐怖をあおってくれるものだから、脳構造単純にして思慮浅はかなる哀れなおバカどもが戦慄した
 
その番組ではアレルギーが現れた人の修復物をすべてチタンにしてアレルギーを克服したと言っていた
まあ、そんなこともしなきゃいけないこともあるのだろうが、修復物にチタンはよほどの事がないと用いない、インプラントはチタンだがそれは既製品だ
つまり、チタンなど技工の場で普段使わないものは寸法精度に問題がある
よしんば治しても、その後何年維持できるかは保証ができんだろう
 
その頃すでに開業していた友人のところに、その番組を見た人の一人が来院して言ったそうだ「今入ってる金属をチタンにして下さい」と・・・
「絶対そんな馬鹿が出てくると思ったんだ俺は!」
と・・・叫んでた静岡の友人の言葉が忘れられない
最近では漫画スーパードクターKの続編か、K2でも歯科用金属による金属アレルギーの事をやっていた
 
まれにそんなこともあるが、滅多に起きるものではない
アレルギーを頻繁に起こす物質なら保険適応になろう筈がないではないか
もっとも、現在と過去の治療においての差は認められる
以前は頻繁に使っていたアマルガムを現在は使用しなくなったの事実だ
その上で、アマルガム以外の物で修復している時は、なるほど問題も起こり得る
私としては、金属はすべて「金」でやらせてくれと強く言いたい
 
太極拳の合宿の折、先生が体調不良を訴えた
酒を飲むと、蕁麻疹だか出るそうだ「健康」が売りの太極拳なのに
半分冗談で言ってみる
まず、アマルガム修復をしてあるところを全部治してみてはどうか?と
その際は私のとこに泊まり込みで治療をし、儲けさせていただいた揚句
いい機会なのでつきっきりで指導を受けようというなんとも浅ましい魂胆
 
だが、その場におられた兄弟子の一人が仰った
つい最近、腕時計やネックレスなどの金属を常時しているところがかぶれるので、修復物として使用していたアマルガムをすべて除去して治療をやりなおした・・・
すると、症状が治まったのだそうだ
 
古代のヨーロッパ貴族も鉛のワイングラスでみんな中毒になったとか言うのはよく聞く話
口の中に常時入っている金属はそれ以上に注意すべき物である
そんなことを再度考えさせられた合宿だった
PR

Comment

無題

  • ポポママ
  • URL
  • 2009-06-04 16:19
  • edit
テレビでやってたら信じちゃいますよ
私もアレルギーがあるのでもしかしたら?なんてね
自分の歯の治療に何が使われてたのかも知らないし・・・
お金と時間に余裕があったら取り替えるのもいいかも

放したスズメと残ったツバメの雛が元気で飛びたてますように
そういえば今日本はスズメが激減してるんですよね

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2009-06-04 18:56
TVの恐怖感煽る報道の仕方には辟易してますよ
医療関係者なら・・・
やり方があるだろうに・・・って
しかし、身近な人でアマルガムを除去して効果があった話を聞くと
考えさせられます
それに、鉛の食器を使った結果 ヨーロッパの貴族に痛風などが流行ったってのは有名な事実ですしね
口の中に常時存在するっていうのは食べ続けてるのと同じわけですからこちらとしても神経使わないといけないところです

雀が激減してるんですか?知りませんでした
周りに結構いるからそんな風に思わなかったんですね
スズメの餌になるかと思って朝の散歩のときに余ったパンを捲いていたら・・・
エリが食べちゃいました あいつの居ないとこでやんないと

ガルバニー電流

私はアマルガムでガルバニー電流による、頬粘膜の潰瘍を経験したことがある。中学生のオトコノコだったけれど、頬粘膜にでっかい潰瘍が出来ていた。写真も残ってるけれど、ここには
出せないけど・・・・。
また、病院の薬剤師でアトピーの人がいた。
全身アトピーで特に顔がひどかった。
アマルガムとパラジウムにパッチテストで反応したので
全部MBとレジンインレーに置き換えてみたが治らなかった。
その人は、辞めて自分で開業したら、綺麗に治っていた。
結局、病院薬局にいると、調剤もしなければいけないし(IVHとかの)、人間関係のストレスもあったんじゃないかと思っている。
金かかったけど、この人は結果的に治ったからいいわけだよね。
TVの報道は困ったもんだね・翌日必ず患者来るものね。
そのとき、私はTVと34年やってる私とどっちを信用する!!と叱る。
マスコミって怖いね。
おどらされる患者も馬鹿だと思う。

Re:ガルバニー電流

  • 院長 〔管理人〕
  • 2009-06-05 12:20
ガルバニー電流で潰瘍ですか?
そんなごっついことになってしまうんですね、初めて聞きました
アトピーの人や、掌蹠膿疱の人をはじめ
ジンマシンが出るようになった~って人はパッチテストしてみていいかもしれないですね
口の中に常時あるものの怖さ
実はそちら行ってた時に先生が歯磨きしてない患者さんにプラーク食べるか?
と言っていた時に考えさせられました

お医者さんへの質問

  • なかむら
  • 2009-06-07 08:28
  • edit
私もそれ見てました^^;
って以前相談しましたね・・・・。
確かその後べつの番組でもやってました。

口の中に違う種類の金属があるとイオン化傾向の差で金属が痩せていくとか聞きましたけど本当なのでしょうか?

Re:お医者さんへの質問

  • 院長 〔管理人〕
  • 2009-06-07 08:43
そんなもんほとんどねぇから安心しろ・・・
って昔なら言うトコだけど
特に上下かみ合う歯が異種金属の場合は電流が発生してそれが起こるので注意かな
上で師匠の走る歯医者先生が言ったようなこともあるらしいから
そして、更にそれがアマルガムの場合はやり替えといたほうがいいかも
でも、君の若さならアマルガム修復はしてないんじゃない?
今までの治療が全部保険・・・って場合は心配ないです

もし心配ならウチに泊まり込みで全部金にしてあげよう、材料費と技工費だけでやってあげていいよ
そのかわりずっと推手の相手になって貰うけど、料金替わりに
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]