忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

無茶はしないでほしい

歯の痛みとは耐えがたい苦痛である

しみるくらいならまだいいが、自発痛を伴うと発狂しそうになるものだ


いや、現に発狂しているとしか思えない行動をとる者もいる
ある国では、歯の痛みに耐えきれなくなり拳銃で歯を撃ち抜いてしまったという話がある
もっと痛くなるし、普通の歯医者じゃ処置できんようになるわ
 
痛くなくても気になるものだ
例えば、歯の間に物が挟まると気になってしょうがない
「奥歯に物の挟まったような」
とは巧みな表現であろう
 
また、歯の知覚とは存外に鋭いものである
髪の毛1本を正確に認知する
そんな事が出来るのは指先と口の中くらいである
これは、歯と歯茎の骨(歯槽骨)とを繋ぐ、歯根膜の感覚が鋭いからであるが、別に歯で噛まなくとも、口の中に髪の毛が入ったらすぐわかる
口の中とは非常にデリケートにできているものだ
 
我々もそのような部位を取り扱う職業であるから気を使う
髪の毛1本の狂いが許されないのである
私のような武骨者がよくやっているものだ
 
が、当然患者さんにはこんな知識がない
よくある話だが、入れ歯にした人 特に爺さんに多いが
「痛かったのでヤスリで削った」
と・・・大工さんによくいる
しかしながら、痛い部位というのも正確には判るものではない
 
口の中のこの部分が痛い・・・
患者さんが指さす部位から、実際に傷がある部位まで
数センチ離れている事は珍しくもなんともない
 
そんなのを自分で削るものだから大変な事になる
削ってもまだ痛い、さらに削る、まだ痛くてさらに削る
ようやく部位がズレている事に気づき別のところを削る
そこで正しければよかったのだが、また外したトコを削る
 
とんでもないことになってしまった・・・
なんてのもそんなに珍しいケースではないのだ
歯医者来て下さい、そんな事になる前に と・・・これは実際口に出して言う
PR

Comment

いる、いる~~、そんな患者。

いる、いるそんな患者・・・。
無知とは恐ろしいと、つくづく感じる。
ざっくりと粘膜が裂けているのに、平気な顔してる爺さんもいて、”大きな傷が出来てますよ”と言うと”どごさよ。(何処にですか?)なんて患者もいて、この人神経無いんじゃないかと思うときがある。ホントにねぇ~~~!

こんな時は、私はビシッと!”あなたは、歯医者さんですか?
、だったら自分で好きなようにやりなさい!!”と言ってやる。

Re:いる、いる~~、そんな患者。

  • 院長 〔管理人〕
  • 2009-11-12 09:39
神経ないんじゃないかって思うような無頓着な人はまだいいですけどね
やたら大袈裟で神経質な患者のほうがよっぽど困ります
入れ歯で漬物やらアワビやら食べられない、ゴマ食ったら入れ歯洗えっていってるのに・・・
義足で普通に走れないのと同じなんですけどね・・・
何度言っても理解でいないのか
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]