忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歯の治療で困ることの一つが色である
だが、特に前歯の色となれば結構気を使わなくてはいけない

bc95ba44.JPG日本人に多い色というのがある
これだ
ほとんどの人はこの色でいいのだが、やはりこれは「平均」にすぎない
これを濃くしたり、薄くしたりする必要がある
 
タバコを吸ってヤニがべったりついている人となると、その色をとってから治療してみたり
またホワイトニングをやっていて白くしている人もいる
治療後にホワイトニングを希望する人は、ある程度白いものにしておくこともある
さらにホワイトニング後に、思ったより白くなった人はやりなおすことまである
 
また、この色とは系統が全く違う系統の人もいて、これが困りものだ
かぶせものの色がどうしても合わずに2回ほど作り直させてもらった事もある
 
かくいう私も日本人離れした色をしている
学生時代にポーセレンを入れて治した
先輩に削って貰って、先輩の実家の歯科技工士さんに作って貰った
が、その色を見て先輩のお父さんが
「俺は長い間歯医者をしてるけど、こんな色の患者など見た事がない」
と、言って全然違う色で作ってきやがったのだ 
ヤブ医者め たまに見るぞ、同類を
 
c9796fd5.JPGまあ、これくらい色があるのだからたまらない
色を選ぶ時はこの中からチョイスしたり、色見本と患者さんの歯を並べて写真を撮って技工士に頼んだりと苦労があるのだ
 

だが、現代なら写真など撮って選ぶが昔は大変だったことだろう
「四十八茶百鼠」
と言うのを聞いたことがあるだろうか?
 
茶色が48種類 ネズミ色が100種類あったとかいう
本当にそれだけの種類があったのかは知らない 単に語呂が良かったのでそうなったのかも知れないが、とにかく多かったのだろう
 
着物を作る時などその中から「〇〇茶」とか、「〇〇鼠」とか言って、色の指定をしていたワケか?
だとしたら、昔の人って今の歯医者よりもよっぽど色彩感覚が鋭かったんじゃないだろうか?と思ってしまう
 
私は色を決める時は従業員にも見せて聞く
私と一致すれば良し
だが、難しい色の人は従業員を3人全員呼んで決めることもある
色はA-3とかB-1とかいう言い方なので「四十八茶百鼠」のほうがカッコいいかもしれないな・・・
PR

Comment

無題

  • なかむら
  • 2009-08-05 21:21
  • edit
そういえばCRのA3って歯医者さんが言ってたのは色のことでしたか・・・・。

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2009-08-06 09:46
CR(コンポジットレジン)は詰め物でA-3は色ですね
ごく普通の色・・・って事ですね
そーゆー人はスゲー楽
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]