忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

読み方

学会が近いので、ちょっと色々やらなきゃいけなくて困ってる日々
岩手医大の先生方が富山にいらっしゃるので、ちょっとばかし説明しなきゃならんこともあるのだが・・・

何気に案内に「総曲輪」と書いて思う。
この字って他県民は読めるのかな?
「富山市総曲輪」と言えば、富山県民なら必ず読める。
読めないヤツは他県か北テロ国家のスパイだろうから即刻つかまえてそっ首刎ねてしまったほうが後顧の憂いを残さないだろう・・・ってくらい。
 
だが、他県の人に字だけ伝えても・・・タクシーでも乗ったとき困らないか?
心配なので読み仮名も伝えといた。
これは「そうがわ」と読む。
 
考えてみれば、他にもありそうだ。
「石動」「雨晴」「城端」など・・・
イスルギ、アマバラシ、ジョウハナである。
まあ、沖縄や北海道ほど難しい字はないと思うが、古くからの呼び名に漢字を当てはめたら読みづらくなるんだろう。
 
実は、歯科の世界でもおかしな読み方は存在する。
「抜糸」である。
間違いなく「バッシ」と読むことだろうし、それが正解であるのだが・・・
歯科の世界では「バツイト」と読むのだ。
 
何故か。
「バッシ」では「抜糸」「抜歯」か判らないからである。
ドクターがスタッフに「バッシの準備をして」
と言った場合、抜糸したいのに抜歯の道具そろえられたりすると困る。
そういったことで習慣になっているのだ。
歯医者でドクターが「バツイトの準備して」
と言ってても「こいつアホか」と思わないで戴きたい。
 
そういえば、他にも・・・
解剖学を勉強した者は、一般人と違う呼び方をするものがある。
「頭骸骨」である。
一般人は「づがいこつ」と読むだろうが
我々は「とうがいこつ」と読む。
 
これは、解剖学の世界では「とうがいこつ」正式である。
「づがいこつ」は俗称にすぎない。
でも、つい一般人の前で「とうがいこつ」と読んでしまうんだよな。
 
まあ、我々の世界でも色々あるわけだ、
世界にはきっといろんな読み方があるんだろうな~と思ったり・・・







ほたる野歯科医院は 富山県 射水市の歯科医院です
PR

Comment

無題

今日はいよいよ・・・・だよね?
今日は中島がきてるけれど、8:40の新幹線で出発したらしいよ。もう着いたんじゃないのかな?
今日は犬どころではないね。
て○た先生はワインに造詣の深い方だから、お好みのもの探すの、」大変だね?

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-11-05 15:37
既に富山の空の下に居られることでしょう。
明日、お招きして一席設けました。
教授は大きい事するなって言ってたのに話が大きくなって1保2保全員呼んでこっちのOBも医学部の先生一人まじえて・・・
あとで教授がなんて言うか考えたら、だんだん嫌な汗が出てきてます。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]