忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPは http://dentalsate.info/ に引っ越しました

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金管楽器奏者の前歯

お得意様になってしまった、富山市のカフェ・ワンポイント

休日が雨でエリの散歩が出来ないとよく来るのだが・・・

ちょっと前に尋ねた折、その店の人のお兄様が

東京フィルハーモニーのトランペット奏者であると判明した。

 

店の方は私の職業を知っておられるので、そーゆー会話になったのであるが・・・

なんでも前歯の治療をして以来、感覚が変わってしまったらしい。

プロの奏者にとって、かなり辛い事だろう。

 

もし、私のところにそんな方が来られると緊張である。

岩手や静岡に住むデカシリーのない粗野な友人たちのほうが何の抵抗もなく治療してしまいそうだ。

ことの重大さを知らないほうが幸せかもしれない。

 

何でも、虫歯のために神経を抜いて、差し歯にした・・・とか。

なるほど・・・

 

被せ物をすると唇の感覚が大きく変わる。

普通に治療する場合、それはしょうがないことだと割り切ってやる。

少なくとも歯医者が虫歯を作るわけではないのだから。

 

だが相手がトランペットのプロとなるとちょっと困る。

プロなら歯を大事にして虫歯や歯周病にならないように気をつけなくてはいけないのだが・・・

まあ、一度虫歯になってしまってはしょうがない。

 

これは、どんなものを被せようが以前と変わってしまうことはしょうがないのだ・・・

だが、少なくとも私がやるなら、治療前の状態を出来る限り維持するか・・・

さもなくば、治療前の状態の模型を採っておき・・・なるべく治療前の状態に近づけるか・・・

そーゆーことをやっておかなくてはいけないだろう。

 

しかし、まかり間違って私の医院にセルゲイ・ナカリャコフが前歯折って駆け込んで来たら・・・

手ぇ震えて治療なんて出来ないかもしれんな・・・

 

まあ、楽器の演奏者さんは年に4~6回の割合で歯科医院を受診したほうがいい。プロなら絶対

 

歯医者も相手がプロ奏者の場合、毎回印象採得していいと思います。

事故って折れないとも限らないので。

PR

Comment

無題

  • shinizu
  • 2008-07-03 21:33
  • edit
デリカシーの間違いだろ。

Re:無題

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-07-03 23:48
初コメントどうも。
まあ、そうとも言うかな シロートの場合は・・・
どうせ誰も気づかないし。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]