忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

くどいけど続き

2/24(水)医院に式場の担当者さん来る みんなに配る招待状と、その中に入れるもの持って

で、返信用はがきと封筒には慶事用の切手を貼らなきゃいけないとのこと

そんなものあるなんて知らなかった


地元の櫛田の郵便局ではそろわないので近隣の中田に行く

封筒はあと紙一枚入れると80円が90円になると言う・・・嫌がらせか

夜に封筒に地図とハガキと案内書をせっせと入れる

内職してるみてぇ

 

あまりに面倒なので、従業員には手渡しにする事にした

 

 

招待状の返事を待っている間に、引き出物を決める

引き出物の内覧会があったので双方の両親と行く ついでに食事もする

内覧会で、だいたいの人が決めていくというから簡単に決まるものと思っていた

・・・が、高岡地区では有名な蒲鉾屋やら菓子屋やら

色んな会社が色んなもの出している

 

菓子なんて、よくみる「鹿の子餅」や「とこなつ」という高岡が誇る銘菓だったが、なんと見た事の無い紅白のモノが並んでいる

祝い用にそんなのがあったのか・・・岩手のカモメの玉子なんざ駅で紅白のが買えるがな・・・

 

皆が視ている最中、親父だけ別の部屋で何か見ていた

行ってみると食事の見本

ニューオータニの食事はどれも悪くないが 「これがいい」と・・・

結局その日決まったのは食事だけだった

後から聞いてみると、その場で親は親類縁者 新郎新婦は自分らの友達関係のモノを決めるようである

リサーチ不足だったな・・・

 

で、結局その後に決めていく中で

親はウチの親戚の高岡銅器の問屋に注文してコースター5枚セットのを

我々は富山ガラス工房に行き大学との研究で作ったという「越の翡翠」という美しい緑色が入ったガラスの皿を注文 どさくさに我々夫婦が使う分まで注文した 作ってくれるのは売れっ子作家の人 嫁さんこんな情報はかなり通な模様

 

だが私は友達の分はカタログギフトに・・・

なにしろ超無粋な友人たちなので折角のガラスの価値なんざ理解不能だろうと思われる わびともさびとも雅とも縁遠い奴は居るものだ

地域ブランドとしては結構良いものだが、豚に真珠やってもしょうがない

 

嫁さんいる友人には皿でも良かったと思うのだが 統一してしまう

皿が良かった人は「新郎悪友」のレッテルがある若干名のヤツらを恨んでほしいものである

 

もうひとつ・・・ホテル提携店以外は持ち込み料1000円取られる・・・ちょっと痛いよな これは

 

私の友人たちの引き出物にはでかいどら焼きをいれることにした

コレは富山の文化である めでたい時などにでかいどら焼き

開業医が多いから、スタッフとでも食べてくれれば良し


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]