忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

日曜の練習

日曜日の練習である 定期演奏会までは1週間切った

去年書いたが例のポンコツ指揮者が来る

そして、色々あって小さいFg.も持って行った私

1~3楽章を小さいFg.で吹く

この時点で私は本番のステージで小さいFg.を吹かないモノだと思っていた

結局は吹いたのだが

久しぶりだが、試しに吹いているだけだと思っていたので手を抜いて吹く

本番やるものと知ってりゃあもっと真面目にやったのに

運命は何度も吹いたからなんとかなったけど

 

しかし、4楽章のみの参加と言っても1~4楽章全体の流れが見えていないといけない

一緒にやったのは大切な事だった

 

・・・で、こないだちょっと書いたが今回の運命

かなり珍妙な・・・と言うかなんと言うべきか

今までにやった事の無い解釈であった

決して間違っていない

これはアリだと思うが、聞いた事はないな  というような

 

私が次に運命を振る機会があればどうするか?

時々考える事があるのだが、テンポをいじりまくるだろう

楽譜にそうは書いてなくても効かせたいところでじっくりテンポを落としたり

ノリの良いところでは走ってみたりしたくなることだろう

 

ある指揮者がTVで運命はテンポをいじるべきだ・・・みたいな事を言っていたが私はその意見に大きくうなずいた

だが、今回はそれとは対極にあるような解釈で音楽を作っている

それだけにしっかり演奏しないとなんだかヒョロヒョロで、妙にファンキーに聞こえてしまう・・・

 

つーか私が行った時は木管楽器がしっかり音を出してなくてそんな感じだった

こんなんで1週間後に大丈夫なのか?と思ったが

聞いてみたら、学生は今夏休みの真っただ中

1日中練習できるので短期間で大きく変わるのだそうだ

 

1週間あればかなり違ったものになるという

なるほど、私らの頃は夏休みに合宿があり その短期間で結構大きく変わったものだ 若さの特権かもしれないが

私にしても、夏はクラブの合宿と 全日本の医科オケの合宿でかなり有意義に過ごせた事を思い出す

特に後者の合宿などは、複数のプロ奏者と寝泊りし他大学の上手いやつらと居たモノだからかなり刺激が強かったなぁ

 

今はと言えば、練習するにしても 先ず体力を考えておかないといけない

30分も続けて吹けばヘロヘロになってしまう

今回はイメージトレーニングがかなり多かった

歳とったなぁと思いつつ、若い頃はここまでイメージだけで伸びなかったわなとも思うのだが

 

・・・実は伸びてんじゃなく「思い出してるだけ」だったりするのだが


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]