忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

校歌

先日、勉強会で盛岡に行った折 現役部員に聞いてみた。

「今、校歌のテンポはどのくらい?」

「え?こんな感じですけど?  ああ~せいせいの~とくの~あと~」

速いっ! 四分音符が100~120くらいか? 

私らの在学中、数学の時間に習ったときの半分以下のテンポだ。

なぜ数学の教授が校歌を教えたのかは知らないが、
あの教授が教えない限り誰も校歌を知らないままになってしまっていたかもしれない。

現に校歌をよく知らないって世代も岩手医大にはあるようだ。

愛校心を育むためにも校歌くらいは教える時間は必要だろう、音楽の時間なんてないしな・・・

その1点で、あのときの数学の教授には感謝すべきであると思う。

 


話を戻すが校歌のテンポが速くなっていること。

これにはおそらく誰も知らない理由がある。

実はスコア(総譜)をみてみると、現在のほうが正しい。

しかしながら、何ゆえか?ず~っと遅いテンポで歌われてきていたのだ。

学生時代にオーケストラ部の指揮などという分不相応な役柄になったときに疑問を抱きながら思う。

(本来のテンポに戻してみてはどうだろうか?)

作者の意図に忠実であることは重要である。(たてまえ)

曲解してまで歌われている君○代って正直にゆーが大ッキライだ。

最近、「おふくろさん」の歌詞を変えて歌ったことを激怒されて

森進一が「おふくろさん」を歌えなくなっているが、すこし判る気がするな。

 

オーケストラ部が校歌を演奏する機会は、当時は新入生の入学式

私は4年ほどかけて少しづつ校歌のテンポを早くしていったのだ。

いきなり速くすると、お偉さん共がうるさいかもしれないし、歌を歌う合唱部が混乱するかもしれない・・・・

で、ほんの少しづつ速くしていったのだ。

 

卒業後、同じ医局に入局してきた後輩に聞いてみた

「校歌のテンポ、少しづつ速くしていってたの気付いてたか?」

「・・・・・・・・。」

どうやら、誰にも気付かれずに校歌を早くすることに成功していたようである。

もう、してやったり。

 

現在は私が演った時より速いくらいになった、大成功。

そりゃあ中途半端に遅いくらいならスコアどおりに演ろうと思うことだろうな。

私があの大学に残した唯一の実績であろう。

PR

Comment

しばらく聞いてないが・・・・

しばらく聞いて無いがCDなんかで聞くと速くなってる気がします。しばらく歌ってないけど・・・・。
今度医歯合同の同窓会があるので、そのとき歌うのかな?1番しか覚えてないよ・・・・。

Re:しばらく聞いてないが・・・・

  • 院長 〔管理人〕
  • 2008-03-25 16:26
速くしちゃった張本人です。
でも4番まであるので、昔のテンポではキツイですよ。
飽きます。
ちょっと早い方が4番まで飽きずに歌えるんじゃないかな?
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]