忍者ブログ

富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」

HPはリンクからどうぞ

欲しいもの 絶対音感

子供の頃から音楽をやっていた 幼少期にはピアノをかじり 中学生の頃にブラスバンドをやった そして、大学ではオーケストラをやり、楽器を持ってCDに囲まれている

しかしながら、私は絶対音感がない
音感は一般人の平均よりは悪くはないが、音楽をやる者のなかではあまり良いほうではなかった様な気がする。
賢しげに指揮等を担当して、指導していたが どうにも音のピッチを合わせるというのは、演奏者に任せていた
 
微妙な音の高い低いが、今ひとつわからないことがあるのだ
最近ネット上にある音感テスト
相対音感は100点だったが、絶対音感では点数が良くなかった
相対音感のテストやった後に絶対音感のテストやるとOKだったけどインチキであろう
 
オーケストラをやっていてよく思ったことは、音感の良い人
特に絶対音感のある人は羨ましかった
できる事なら絶対音感が欲しいと心から思ったものだ
で、暫くAの音を聞き続けて訓練したりしてみたが・・・
 
やはり、絶対音感を養うには遅すぎたようである
幼少からやってないといけないらしいからなぁ・・・
 
音感のいい人は部の先輩や後輩などにも居た
音感には自身がある・・・と、自ら言う人間は やはり演奏の方も上手い事やるものである
 
だが、絶対音感をもっているとどんな気分だろうか?
 
こないだ岡山であった演奏会
全体合奏で、アンコール用の曲・・・ある曲の調を変えてやることに
練習で全員が最初の音を出した途端に指揮者がビックラこいて指揮が止まってしまう
「ああ、そうだ 調が違うのか」
とポツリと漏らして再び降り始めた
 
私なら気づかずに振り続けている事だろうが、絶対音感のある人にはもの凄い違和感なのだろう
 
他にも、練習中に音を出させる ハーモニーのチェック
「この音合ってる?ちゃんとハモってる?」
と言う、いやそこはアンタが教えりゃどやねん と思ったが
「僕は絶対音感あって判らないからね」
だそうだ・・・
 
う~む、神の領域だ
もし今後、絶対音感を手に入れることができたら、今まで聞いていた曲は別の物に感じてしまうかもしれないな・・・
まあ、この願いは生涯かなう事は無い
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/11 Tsujikin]
[01/09 本人の母]
[08/09 Tsujikin]
[02/14 くらりねっとふき]
[11/14 奥琵琶湖の快猫]

プロフィール

HN:
院長
性別:
男性
趣味:
陳式太極拳 音楽(大学時代に管弦楽団に所属、ファゴットと指揮を担当) 酒(なぜかバーボンは嫌い) 犬(ポメラニアンを飼っている) 読書(漫画も多数)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

フリーエリア

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © 富山県射水市 ほたる野歯科医院 院長ブログ  「この院長はこう語った」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]